作家・小川糸が語る死「もしかしたら気持ちいいかもしれない」

林真理子

2021/07/25 16:00

 映画化もされ、海外でも人気の『食堂かたつむり』でデビューした小川糸さん。デビュー作から「興味シンシンになりました」という作家・林真理子さんが、ドラマが放送中の『ライオンのおやつ』やデビューまでの道のりを伺いました。

あわせて読みたい

  • 無冠のベストセラー作家・小川糸が「あした死んでもいい」理由

    無冠のベストセラー作家・小川糸が「あした死んでもいい」理由

    週刊朝日

    7/25

    小川糸さん新刊の『リボン』は「仕事観にも影響をあたえた作品」

    小川糸さん新刊の『リボン』は「仕事観にも影響をあたえた作品」

    BOOKSTAND

    5/8

  • NEWS23・小川彩佳 テレビは「心持ちがすけて見えてしまう」

    NEWS23・小川彩佳 テレビは「心持ちがすけて見えてしまう」

    週刊朝日

    7/27

    義母とは7歳違い “26歳差婚”に周囲から犯罪者扱いの有名人とは

    義母とは7歳違い “26歳差婚”に周囲から犯罪者扱いの有名人とは

    週刊朝日

    1/25

  • 小川彩佳「私、けっこう顔に出ちゃうタイプ」有働由美子への対抗心は?

    小川彩佳「私、けっこう顔に出ちゃうタイプ」有働由美子への対抗心は?

    週刊朝日

    7/27

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す