二人の村上訳にノックアウト ラジオマンが語るジム・モリソンの歌詞世界

RADIO PA PA

延江浩

2021/07/04 16:00

「潮風も季節も時も越えて/紫の夕暮れの中/都市が眠りにつく頃/夜と海が混じり合う/俺達だけの月へと泳いで行こう」(『水晶の扉[ドア]の向こうへ―ロック・オリジナル訳詞集1』)

 訳詞の美しさにノックアウトされた僕は、企画書を書くたびにこれらの言葉を冒頭に貼りつけた。

「ジム・モリソンの背後霊を背負って」は、自らの訳に寄せた龍さんのエッセイのタイトルだ。

「『ムーンライト・ドライブ』は、ロック史上に残るラブ・ソングだと私は思う。舟が浮かぶ夜の海、恋人達、カリフォルニアの病的に明るい風土、それらのすべてが詰まった名曲である」

 20代だった僕はテニスやF1の取材で世界を飛び回る龍さんを捕まえ、国際電話で収録した生の声を日本中にオンエアし続けた。龍さんは弟のように僕を可愛がってくれた。キューバには何度も一緒に行き、現地のバンドを招聘(しょうへい)する手伝いも。

 村上春樹さんと村上龍さん。現代文学を代表する二人のMURAKAMIが訳したジム・モリソンの歌詞世界。ジムは27歳でこの世を去り、ショパン、ピアフ、マリア・カラスらが眠るパリのペール・ラシェーズ墓地に埋葬されたが、今週末の命日にはファンが訪れ、世界中のラジオ局で彼の曲がかかるに違いない。

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

週刊朝日  2021年7月9日号

延江浩

延江浩

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 村上春樹さんとツェッペリン 知られざる“縁”とは?
    筆者の顔写真

    延江浩

    村上春樹さんとツェッペリン 知られざる“縁”とは?

    週刊朝日

    10/13

    大ピンチがつないだ縁…“世界のナベサダ”とラジオマンの幸せすぎる日常
    筆者の顔写真

    延江浩

    大ピンチがつないだ縁…“世界のナベサダ”とラジオマンの幸せすぎる日常

    週刊朝日

    11/3

  • 村上春樹、山中伸弥、山極壽一 初の生放送年越し「村上RADIO」裏話
    筆者の顔写真

    延江浩

    村上春樹、山中伸弥、山極壽一 初の生放送年越し「村上RADIO」裏話

    週刊朝日

    1/24

    村上春樹さんラジオ公開収録でジャズバー「ピーター・キャット」を再現

    村上春樹さんラジオ公開収録でジャズバー「ピーター・キャット」を再現

    AERA

    7/14

  • 伝説のドラマー死す 「無個性の対極。千手観音みたいな姿」とラジオマン評す
    筆者の顔写真

    延江浩

    伝説のドラマー死す 「無個性の対極。千手観音みたいな姿」とラジオマン評す

    週刊朝日

    4/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す