池江璃花子オリンピック内定「勝てるのはずっと先だと思っていた」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

池江璃花子オリンピック内定「勝てるのはずっと先だと思っていた」

菊地武顕週刊朝日
4月4日、日本選手権の女子100mバタフライで優勝。メドレーリレーでの出場が内定した (c)朝日新聞社

4月4日、日本選手権の女子100mバタフライで優勝。メドレーリレーでの出場が内定した (c)朝日新聞社

 4月4日、池江璃花子(20)が日本選手権の女子100mバタフライで優勝。メドレーリレーでの出場が内定した。さらに8日には100m自由形でも優勝し、400mリレーメンバーに内定。10日には50mバタフライと50m自由形を制覇し、4冠を達成した。

*  *  *
「自分が勝てるのはずっと先だと思っていたんですけど。努力は必ず報われるんだなって思いました」

 池江が白血病を公表したのは、2019年2月12日。誰もが、パリ五輪での復活を祈っていた。しかし彼女は、「東京」の出場権をもぎ取ったのである。

 奇跡と呼ぶのははばかられる。報われた努力に、ただ敬意を表したい。(文/本誌・菊地武顕)

週刊朝日  2021年4月23日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい