大麻の次にくるのは“フェンタニル” 米国では社会問題化 日本の半グレが「試験的密輸」

2021/04/13 16:26

 覚醒剤や大麻などの違法薬物がらみの犯罪が後を絶たない。そんななか、米国で問題となっている合成ドラッグが、日本でも広がりを見せている。名称は「フェンタニル」。日本ではあまり聞き慣れない薬だが、ヘロインより強力で依存性が高く、過剰摂取による死亡者も多い。日本では、「半グレ」が新たな資金源として目をつけている。

あわせて読みたい

  • 故プリンス、死亡時に体内から“極めて高い”濃度のフェンタニルが検出

    故プリンス、死亡時に体内から“極めて高い”濃度のフェンタニルが検出

    Billboard JAPAN

    3/28

    故マック・ミラー、死亡時に所持していた薬物を販売した男が逮捕

    故マック・ミラー、死亡時に所持していた薬物を販売した男が逮捕

    Billboard JAPAN

    9/27

  • 故マック・ミラーへ死の直前にドラックを売った男性が起訴

    故マック・ミラーへ死の直前にドラックを売った男性が起訴

    Billboard JAPAN

    9/5

    故プリンス、遺族が主治医を相手取り訴訟を起こす

    故プリンス、遺族が主治医を相手取り訴訟を起こす

    Billboard JAPAN

    8/27

  • 故マック・ミラー、死因は薬物とアルコールの過剰摂取と断定

    故マック・ミラー、死因は薬物とアルコールの過剰摂取と断定

    Billboard JAPAN

    11/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す