家じまいを決めた人々「バラ色な場所は自分次第」「年でできなくなる」

終活

2021/04/01 16:02

 大好きなわが家に、死ぬまでずっといたい──。こう思うのは自然なことだ。でも子どもたちの負担にはなりたくないし、自由に生きたいからと「家じまい」をし、高齢者施設に入居する人たちがいる。自分自身で施設を選び、決断し、笑顔で暮らす3人を紹介しよう。

あわせて読みたい

  • ひとりで死ぬ準備をする団塊世代の女性たち

    ひとりで死ぬ準備をする団塊世代の女性たち

    週刊朝日

    9/19

    「おひとりさま」の上野氏語る パートタイム家族のすすめ

    「おひとりさま」の上野氏語る パートタイム家族のすすめ

    週刊朝日

    9/24

  • 終の棲家を求める団塊世代 悪徳なサ高住に泣きをみる人も

    終の棲家を求める団塊世代 悪徳なサ高住に泣きをみる人も

    週刊朝日

    9/20

    「有料老人ホーム」と「サ高住」 選ぶならどっち?

    「有料老人ホーム」と「サ高住」 選ぶならどっち?

    週刊朝日

    10/4

  • 介護や医療は別料金? サービス付き高齢者向け住宅の実態とは

    介護や医療は別料金? サービス付き高齢者向け住宅の実態とは

    週刊朝日

    10/1

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す