瀬戸内寂聴 神経病で「私も小説家になれるのだと、内心喜んだ」過去

2021/03/28 08:00

 半世紀ほど前に出会った98歳と84歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。

あわせて読みたい

  • “100歳”瀬戸内寂聴 横尾忠則に“相手にもされなかった”話を思い出す

    “100歳”瀬戸内寂聴 横尾忠則に“相手にもされなかった”話を思い出す

    週刊朝日

    3/8

    最期は絵描きに? 瀬戸内寂聴「うんざりしてきましたよ、この世!」

    最期は絵描きに? 瀬戸内寂聴「うんざりしてきましたよ、この世!」

    週刊朝日

    8/2

  • 瀬戸内寂聴「もう先のない私は…」横尾忠則との旅を振り返る

    瀬戸内寂聴「もう先のない私は…」横尾忠則との旅を振り返る

    週刊朝日

    3/1

    瀬戸内寂聴「ワア! こわ!」横尾忠則と痴話げんか?

    瀬戸内寂聴「ワア! こわ!」横尾忠則と痴話げんか?

    週刊朝日

    8/22

  • 【往復書簡】瀬戸内寂聴「葬儀委員長は横尾忠則さんしかありません」

    【往復書簡】瀬戸内寂聴「葬儀委員長は横尾忠則さんしかありません」

    週刊朝日

    10/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す