森七菜も魅了! 世代超え愛される玉置浩二の音楽 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

森七菜も魅了! 世代超え愛される玉置浩二の音楽

中将タカノリ週刊朝日
玉置浩二 (c)朝日新聞社

玉置浩二 (c)朝日新聞社

 所属事務所を“電撃移籍”するなどし、本格的な音楽活動のスタートが噂(うわさ)されている森七菜。2月17日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」に出演時、ギターを買って初めて練習した曲が玉置浩二のシングル「メロディー」だったと明かして話題となった。世代を超えて愛される「玉置音楽」の魅力とは。

 玉置といえば、1982年に「安全地帯」のボーカルとしてデビューして以来、数々のヒット曲を生み出してきたベテランミュージシャン。森が玉置を知ったのは父親の影響のようだが、御年62歳の音楽が弱冠19歳にも響いていたことを、改めて示した。

 振り返れば、玉置の音楽は老若を問わず愛されてきた。なかでも印象的な出来事は、85年1月6日に放送された同系「ミュージックフェア」で、美空ひばりが「ワインレッドの心」をカバーしたこと。この時点ですでに何曲かヒットを放っていたとはいえ、デビュー間もない新人の玉置の楽曲を、“歌謡界の女王”が歌ったことは音楽業界に大きなインパクトを与えた。

 玉置の楽曲や歌声を称賛する人は、枚挙にいとまがない。キャリアや実力では引けをとらない先輩の山下達郎は「日本で一番過小評価されているアーティスト」と絶賛。かの世界的シンガー、レイ・チャールズも玉置から「Too Late Too Late」を提供された際、「君のようにうまくは歌えない」と謙遜したほどだ。元EXILEのATSUSHIに至っては、音楽番組での共演を機にその歌声に心酔し、玉置に“弟子入り”を申し出ている。

 野性味と繊細さを兼ね備えた天才肌の作風、歌唱スタイルは、国境をも超えて人びとを魅了してきた。

 そんな玉置は現在、オーケストラと組んでコンサートツアーを開催中。ツアー名にある「ОТТЕПЕЛЬ(オーチェペリ)」とはロシア語で「雪解け」を表す。コロナ禍で冷え込んだ社会をとかすような、極上の音楽を日本中に届けてほしい。(中将タカノリ)

週刊朝日  2021年3月12日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい