森喜朗氏がひっそりと最高顧問を辞任していた 「五輪レガシー財団」 銅像はどうなる?

2021/02/20 10:30


 2月12日に東京オリンピック・パラリンピック組織委員会会長を辞任した森喜朗氏。その名前がひっそりと、ある財団のホームページの「最高顧問」の欄から消えていた。その財団とは、一般財団法人の「日本スポーツレガシーコミッション」。スポーツ関連の団体の連携を図ったり、スポーツの発展を支える人材づくりに取り組んだりする目的で2020年3月に設立されたという。内情を知る政府関係者が語る。

あわせて読みたい

  • IOCとの開催都市契約、平時ならウィンウィンも現実は「不平等契約」

    IOCとの開催都市契約、平時ならウィンウィンも現実は「不平等契約」

    AERA

    6/8

    「気まずいと逃げる」安倍晋三氏が五輪開会式出席見送り 存在感増す森喜朗氏

    「気まずいと逃げる」安倍晋三氏が五輪開会式出席見送り 存在感増す森喜朗氏

    dot.

    7/23

  • 森喜朗は政界引退後もなぜ重用される? スポーツ界で影響力を増した背景に何が

    森喜朗は政界引退後もなぜ重用される? スポーツ界で影響力を増した背景に何が

    AERA

    2/15

    「密室人事」オープンにして菅首相に嫌われた川淵三郎氏 森会長辞任で東京五輪開催は絶望的

    「密室人事」オープンにして菅首相に嫌われた川淵三郎氏 森会長辞任で東京五輪開催は絶望的

    週刊朝日

    2/13

  • 新国立競技場問題は「“冤罪”だ」 森元首相、ラグビー協会の恨み節

    新国立競技場問題は「“冤罪”だ」 森元首相、ラグビー協会の恨み節

    週刊朝日

    7/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す