「死ぬ時は死ぬがよろし」 作家・下重暁子の心がけ (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「死ぬ時は死ぬがよろし」 作家・下重暁子の心がけ

連載「ときめきは前ぶれもなく」

下重暁子週刊朝日#下重暁子
作家の下重暁子さん

作家の下重暁子さん

写真はイメージです(Getty Images)

写真はイメージです(Getty Images)

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、誰にでもやってくる死を受け流すための心がけについて。

*  *  *
 死がひたひたと近づいてくる。

 そう感じるのは、まちがいなくコロナのせいである。大体、おめでたくできているので、未来のことには楽観的である。

 なるようにしかならないという諦観がどこかにあって、まあ、明日死んでも仕方ないかと思っている。大木や家の大黒柱に体を縛りつけて、いやだいやだと言ってみても、その時が来れば、連れてゆかれる。

 どんなにお金をかけて警護を固めても、帝が多くの将兵を派遣しても、かぐや姫はあの月の美しい夜に天上にもどった。叔母は、叔父の死後一人で最後まで仕事を続けた美しい人であったが、スーパームーンと呼ばれる九月の満月の日に息を引きとった。

 まことにその人に相応しく、彼女は多分、竹取物語の主人公であったと思った。

 こういう死に方ならいいが、昨年コロナが流行り出してから、あっという間に亡くなる突然死が次々とまわりに発生した。

 どうもおかしい。一人で死のうと、人々に囲まれようと寿命をまっとうして死んだならいいのだが、無理矢理奪われるのは釈然としない。

 そこで私の考える死とは何なのか、少し真面目に考えてみることにした。

 この世に思い残すことなく旅立つのも潔いが、少しばかりこの世に未練を残していくのも悪くはない、などと思ってみたり。

 そこへ『在宅ひとり死のススメ』という本が送られてきた。

『おひとりさまの老後』シリーズの最新刊で、著者は上野千鶴子さんである。

「在宅ひとり死」とは上野さんの専売特許の言葉。「孤独死」などというめそめそした表現でなく、媚のある言葉でないところがいかにも上野さんらしい。

 家族に囲まれ、「おじいちゃん、おじいちゃん」ととりすがる孫に、死を前にした本人が、


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい