「死ぬ時は死ぬがよろし」 作家・下重暁子の心がけ

ときめきは前ぶれもなく

下重暁子

2021/02/05 07:00

 人間としてのあり方や生き方を問いかけてきた作家・下重暁子氏の連載「ときめきは前ぶれもなく」。今回は、誰にでもやってくる死を受け流すための心がけについて。

あわせて読みたい

  • 下重暁子「『死ぬときは死ぬがよろし』って最高じゃないですか」

    下重暁子「『死ぬときは死ぬがよろし』って最高じゃないですか」

    週刊朝日

    2/21

    「いつ死ぬかわからないから…」下重暁子、パレスチナキャンプ取材を思い出す
    筆者の顔写真

    下重暁子

    「いつ死ぬかわからないから…」下重暁子、パレスチナキャンプ取材を思い出す

    週刊朝日

    5/28

  • 仕方なくNHKへ? 下重暁子「どこからも女の求人がなくて…」

    仕方なくNHKへ? 下重暁子「どこからも女の求人がなくて…」

    週刊朝日

    2/21

    LINEで“実に優雅な遊び”を 下重暁子が語るコロナ禍の句会事情
    筆者の顔写真

    下重暁子

    LINEで“実に優雅な遊び”を 下重暁子が語るコロナ禍の句会事情

    週刊朝日

    6/11

  • 下重暁子「爆撃するB-29の編隊をどの位見たか」若い世代に教えるべき近現代史
    筆者の顔写真

    下重暁子

    下重暁子「爆撃するB-29の編隊をどの位見たか」若い世代に教えるべき近現代史

    週刊朝日

    8/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す