個性派俳優・六角精児、猫のひろしくん8歳オスとは絶妙な距離感 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

個性派俳優・六角精児、猫のひろしくん8歳オスとは絶妙な距離感

このエントリーをはてなブックマークに追加
鮎川哲也週刊朝日#ねこ#動物
六角精児さん ひろしくんは、わが家の平和の象徴 (本人提供)

六角精児さん ひろしくんは、わが家の平和の象徴 (本人提供)

真剣なまなざしでカメラを見つめるひろしくん (本人提供)

真剣なまなざしでカメラを見つめるひろしくん (本人提供)

 猫といると喜びと発見がある。かわいいしぐさ、つぶらな瞳、そして思いもよらぬ不思議な行動。“猫といる”しあわせな生活を送っている人たちを紹介する。六角精児さんと猫の不思議な関係とは。

【写真】真剣なまなざしでカメラを見つめるひろしくん

*  *  *
 新潟・燕三条からやってきた猫のひろしくん(8歳オス)。

六角精児さんと暮らして8年の月日が流れた。六角さんとひろしくんは、遊んだり、じゃれたりせず、何をするわけでもなく家にいて、お互いの存在を確認し合う仲だ。ひろしくんは多くの時間は奥さんの部屋にいて、ときどき「おなかすいた!」と六角さんにエサをねだることもあるそうだ。

「ひろしくんはとってもやさしい猫で、いるだけで安心します。わが家の平和の象徴ですね」

(本誌・鮎川哲也)

週刊朝日  2020年12月18日号

>>【本編:六角精児「夫婦喧嘩も仲裁する『ひろしくん』がつくる平和な家庭」】に続く


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい