「東京五輪、スポンサーも本音では望んでいないのでは?」亀井亜紀子 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「東京五輪、スポンサーも本音では望んでいないのでは?」亀井亜紀子

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史週刊朝日
立憲民主党 亀井亜紀子

立憲民主党 亀井亜紀子

 新型コロナウイルスの感染が再拡大している中、来夏に開催が迫った東京五輪。立憲民主党の亀井亜紀子氏は、企業の業績悪化を鑑みて開催すべきでないと訴える。

【衆院議員緊急アンケート結果】東京オリンピック・パラリンピックを来夏に開催するべき?

*     *  *
 東京オリンピック・パラリンピックを来夏に開催することは、現実的には難しい。開催すべきではありません。

 現在、新型コロナウイルスのワクチン開発が進んでいますが、それが世界中の選手と大会関係者に投与できるまでにはまだ時間がかかります。大会中に集団感染が多発したらどうなるのでしょうか。

 スポンサー企業も、本音では開催を望んでいないのではないでしょうか。先日、ある企業の方と名刺交換をしたら、昨年まで名刺にあった東京五輪のマークが消えていました。コロナで業績が大きく落ちている企業が多いのに、費用の負担を求めるべきではありません。

 それでも一部の人が来夏の開催にこだわっているので、現場が付き合わされている、というのが実情ではないでしょうか。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい