「特約」は本当に有利? コロナ禍の保険の見直しの鉄則とは (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「特約」は本当に有利? コロナ禍の保険の見直しの鉄則とは

池田正史週刊朝日
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

主な保険の種類と見直しなどのポイント (週刊朝日2020年12月4日号より)

主な保険の種類と見直しなどのポイント (週刊朝日2020年12月4日号より)

最近は選択肢も増えている (週刊朝日2020年12月4日号より)

最近は選択肢も増えている (週刊朝日2020年12月4日号より)

 新型コロナウイルスの勢いが衰えず、健康や家計の不安は高まるばかり。保険も同じように、加入しているもので備えは万全か、ムダなものに入っていないか、心配の種は尽きない。うつやストレスで働けない場合など、コロナ時代に頼りになる保険を紹介しよう。

【見直してみよう!主な保険の特徴とチェックポイントはこちら】

*  *  *
 経済的な負担が大きな介護も、貯金で備えるのがベストだが、難しければ保険で備えておいたほうがいい。介護も公的な介護保険があり、自己負担は基本的に1割に抑えられる。しかし、介護のために仕事を辞めたり、離れた介護施設に通ったり、自宅のリフォームを余儀なくされたりと、想像以上にお金はかかる。

 民間の介護保険はいろいろなタイプがあり、選ぶだけでも迷う。『保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)などの著書があるFPの長尾義弘さんは解説する。

「目安としては、保険料の安い『掛け捨てタイプ』がおすすめ。介護は最初にお金がかかりますから、保険金の受け取り方は、要介護状態になった時にまとまった額を受け取れる『一時金タイプ』と、毎月一定額を受け取れる『年金タイプ』の併用型がよいでしょう。ポイントは、保険金の受け取り条件が緩いこと。要介護1や2で受け取れる商品が使いやすい」

 保険に入りすぎていないか、不安に思う人もいるだろう。長尾さんによると、間違った入り方の代表例が、“同じ保険に入り続けること”だという。

「結婚や出産、住宅の購入、子どもの独立、定年など、人生にはいろいろな節目があります。そのたびに生活環境は大きく変わり、備えるべきリスクや必要な保障の額も変化する。保険はライフステージや目的に合わせて、見直すべきです」(長尾さん)

 子どもが独立したのに、かつての死亡保険を続けていないだろうか。子どもが親の手を離れたうえ、住宅ローンも完済しているようならば、大きな備えはいらない。退職が近い年齢であれば、収入が今後減ることをふまえて不要な保険を解約し、支出を減らしたほうがいい。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい