黒木瞳が映画監督として楽しみなのは? 茶目っ気たっぷりの答えは…! (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

黒木瞳が映画監督として楽しみなのは? 茶目っ気たっぷりの答えは…!

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
黒木瞳 [撮影/掛祥葉子(写真部)、ヘアメイク/黒田啓蔵(Iris)、スタイリスト/後藤仁子(Santika)]

黒木瞳 [撮影/掛祥葉子(写真部)、ヘアメイク/黒田啓蔵(Iris)、スタイリスト/後藤仁子(Santika)]

映画「十二単衣を着た悪魔」の一場面(c)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

映画「十二単衣を着た悪魔」の一場面(c)2019「十二単衣を着た悪魔」フィルムパートナー

 監督として2作目となる映画「十二単衣を着た悪魔」を手がけた黒木瞳さん。映画監督としての抱負、そして楽しみとは。

【前編「伊藤健太郎、三吉彩花が想像していない顔を…黒木瞳の映画監督術」より続く】

【写真】伊藤健太郎主演「十二単衣を着た悪魔」の場面写真はこちら
*  *  *
 新型コロナウイルス感染症の流行によって、この3月以降は、演出を担当していたショーが中止になるなど、「エンターテインメントの役割ってなんだろう?」と、ふと立ち止まって考えざるを得ないような数カ月を過ごした。

「でも、明日のこともわからないという状況は皆同じだったので、焦っても仕方がないなと。そんな中で、私たちの活動を待ってくれている人がいたことに、ずいぶん励まされました。私が、映画や小説や宝塚との出会いによって、想像もしていなかったような人生を送れているように、エンターテインメントは、誰かにとっての力になる可能性を秘めている。そのことに、改めて気づかされた時期でもあります」

 2作目にして、映画監督としての自信は全くないそうだが、「女優としても、“もっともっと”と“まだまだ”の繰り返しです」と静かに語りながら、「ただ、作品に対する情熱、愛着、熱意がある限りは携わっていきたいです」と続けた。

「監督業の楽しみは?」と聞くと、「ロケハンの間に食べる天ぷらそば」と茶目っけたっぷりに答えた。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい