宇垣美里「べつに結婚しなくてもいいかな」 気配りできるタイプではない? (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

宇垣美里「べつに結婚しなくてもいいかな」 気配りできるタイプではない?

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日#林真理子
宇垣美里(撮影/写真部・掛祥葉子)

宇垣美里(撮影/写真部・掛祥葉子)

宇垣美里さん(左)と林真理子さん(撮影/写真部・掛祥葉子)

宇垣美里さん(左)と林真理子さん(撮影/写真部・掛祥葉子)

 元TBSアナウンサーの宇垣美里さん。現在はフリーアナウンサー、タレントとして、また週刊誌でコラム連載とマルチに活躍中。そんな彼女の結婚観とは。作家・林真理子さんがうかがいました。

宇垣美里「がっつりオタクだと思います」 小説家デビューに興味あり?】より続く

【林真理子さんとのツーショット写真はこちら】

*  *  *
林:結婚なんてことも考えてないですか。

宇垣:一生一緒にいたいなと思う人がいるのは素晴らしいことだし、そういう人ができたらいいなと思いますけど、べつに結婚しなくてもいいかなとも思いますね。あえてその契約が必要かなって。

林:夫婦別姓?

宇垣:別姓がいいなと思います。「宇垣」という名前が好きなので。

林:そういえば昔、軍人で宇垣っていう人いましたよね。

宇垣:宇垣一成という陸軍大将がいたんですけど、陸軍から総理大臣を出さないということで総理大臣になれなかった不運な人で、その一族ですね。祖父の大叔父と言ってました。

林:すごいじゃないですか。そのご先祖の血を引いてるのかもしれない。毅然とした態度とか政治に対する関心とか。

宇垣:私はおべっかを使ったりという駆け引きはできなくて、いつもそのままの状態で。だから可愛がってくださる方はすごく可愛がってくださいますけど、「なんだあいつ、素っ気ないな」と思う人もいるかもしれないし、みんなに上手に気配りができるというタイプではないんです。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい