【家つまみ】甘くない桃を“リメイク” ヨーグルト味の「桃のゼリー」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【家つまみ】甘くない桃を“リメイク” ヨーグルト味の「桃のゼリー」

連載「家つまみでひとやすみ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
黒田民子週刊朝日#レシピ#黒田民子
桃のゼリー

桃のゼリー

【ワンポイントアドバイス】皮付きの桃をシロップで煮るとピンク色のシロップができあがる (撮影/写真部・松永卓也)

【ワンポイントアドバイス】皮付きの桃をシロップで煮るとピンク色のシロップができあがる (撮影/写真部・松永卓也)

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り

 料理研究家の黒田民子さんが教える「家つまみでひとやすみ」。今回は「桃のゼリー」。

【「桃のゼリー」を作る際のワンポイントアドバイスはこちら】

*  *  *
 桃を買ったら硬くて甘くなかった……という時に、こんな簡単デザートがおすすめです。

 まずシロップを作ったら、皮付きのまま縦半分に切った桃を断面を下にして入れ、2分ほど煮ます。火を止めてレモン汁を入れ、しばらく冷ますとシロップがきれいな桃色になるんです。

 ゼラチンを戻す時はダマにならないよう注意してください。耐熱容器に水を先に入れてから粉ゼラチンを加えるのがコツ。一気に入れず、スプーンでささっと振り入れて軽く混ぜましょう。電子レンジで30秒ほど加熱すると、きれいに仕上がりますよ。

 このゼラチンに桃のシロップを加えて混ぜ、ヨーグルトと合わせます。薄切りの桃を入れた器に注げば、あとは冷蔵庫で冷やし固めるだけ。これだけでもおいしいのですが、桃の角切りをトッピングして、残ったシロップを注ぐと見た目もきれい。お砂糖控えめでレモン汁を加えているので、さっぱりとお召し上がりいただけます。

(構成/沖村かなみ)

■桃のゼリー

【材料】(2人分) 桃2個、シロップ(水100ml、砂糖80g)、レモン汁大さじ1、ヨーグルト100ml、粉ゼラチン5g、水50ml、ミントの葉 

【作り方】(1)桃は皮付きのまま縦半分に切る。鍋に水と砂糖を入れて煮溶かしたシロップで桃を2分ほど煮る。火を止めレモン汁を加えて冷ます。(2)桃の皮をむき、種を取り除いて薄くスライスする。飾り用は1cm角に切る。(3)耐熱容器に水を入れて粉ゼラチンを振り入れ、電子レンジ(600W)で約30秒加熱する。(1)のシロップの半量を加え混ぜ合わせる。(4)ボウルにヨーグルトを入れ、(3)を加えてよく混ぜ合わせる。(5)ガラスの器に薄切りにした桃を入れ、(4)を注いで冷蔵庫で冷やし固める。食べる際にトッピング用の角切りの桃をのせ、残ったシロップを注ぎ、ミントを飾る。

【ワンポイントアドバイス】
皮付きの桃をシロップで煮るとピンク色のシロップができあがる。

週刊朝日  2020年9月25日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

黒田民子

黒田民子(くろだ・たみこ)/1947年生まれ。料理研究家。All About「ホームメイドクッキング」ガイド。旬の素材を生かした家庭料理のレシピが幅広い世代に支持されている。趣味は美術館巡り。

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい