瀬戸内寂聴 処女作の油絵が難航「暑さと陰気さにまいって…」 (1/3) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

瀬戸内寂聴 処女作の油絵が難航「暑さと陰気さにまいって…」

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞

瀬戸内寂聴(せとうち・じゃくちょう)/1922年、徳島市生まれ。73年、平泉・中尊寺で得度。『場所』で野間文芸賞。著書多数。『源氏物語』を現代語訳。2006年文化勲章。17年度朝日賞

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

横尾忠則(よこお・ただのり)/1936年、兵庫県西脇市生まれ。ニューヨーク近代美術館をはじめ国内外の美術館で個展開催。小説『ぶるうらんど』で泉鏡花文学賞。2011年度朝日賞。15年世界文化賞。(写真=横尾忠則さん提供)

 半世紀ほど前に出会った98歳と84歳。人生の妙味を知る老親友の瀬戸内寂聴さんと横尾忠則さんが、往復書簡でとっておきのナイショ話を披露しあう。

【横尾忠則さんの写真はこちら】

*  *  *
■横尾忠則「セトウチさんの油彩第一号、楽しみ!」

 セトウチさん

 ああ、これでやっと面白い絵が描けますね。点でも線でも、○でも△でも□でも、そのまま、セトウチさんの本能が表れます。絵は文章のように誤魔化(ごまか)せません。

 まあ、それとは別に、あんな面白い手紙、あとにも先(さ)きにも生まれて初めて、呵々大笑(かかたいしょう)しました。ああ、面白かった。そう、セトウチさんがおっしゃる通り、僕のことを見そこなっておられたんです。セトウチさんの前では猫かぶりはしていませんが、普段の僕は猫のようにしたいこと、やりたいことの我がまま放題です。セトウチさんはそんな僕に直面していらっしゃらないので、<心根が穏健で、他人に怖い顔など見せたり、きつい言葉を浴びせたり絶対しない御仁>(そんな人いません)に見えていただけで、僕を見そこなっておられたんです。

 UFOに対する博愛に比べてセトウチさんには「悪口雑言」ってところは何度読んでも、なんでこんなことで怒ってらっしゃるのか、そんなセトウチさんを想像して、ころげて笑いました。

 ところで、あのハンサム画伯はどうなったんですか。小説家の気まぐれに呆(あき)れて帰ってしまったそうですが、画家も小説家も「気まぐれ」は美徳です。本物の画家ならここからが勝負です。画家はその内部にデモーニッシュも狂気も秘めていなきゃいけません。セトウチさんの気まぐれに腰が砕けちゃったんですかね。そのセトウチさんの見せられた気まぐれは、見たかったですね。

 じゃ、いよいよ、独立、独歩、独学、独断、独身で画境一筋に邁進(まいしん)して下さい。先ず、画材屋さんに来てもらって、ペインティング・オイル(水彩でいう水です)と、油彩用筆洗油、パレットは紙製が便利、それから筆数本、あとは空缶(あきかん)とか、筆拭きの雑布、実に簡単です。画材屋さんは、初心者だと思うとあれこれ売りつけますが、他に買う物はありません。直(す)ぐ描いて下さい。ゴッホみたいに、直接絵具をキャンバスに塗りたくってもいいし、パレットの上で絵具を混ぜて、好みの色を作る、ここまでは今までの水彩画のやり方と変(かわ)りません。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい