全米アマで珍事…キャディーにSNSで批判殺到 丸山茂樹が疑問「意味ない」 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

全米アマで珍事…キャディーにSNSで批判殺到 丸山茂樹が疑問「意味ない」

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹

丸山茂樹

笹生さんの今後が楽しみです!(代表撮影)

笹生さんの今後が楽しみです!(代表撮影)

 丸山茂樹氏は、全米アマチュアゴルフ選手権で起きたキャディーのミス、国内女子ツアーで初優勝したルーキー笹生優花選手などについて語る。

【写真】今後が楽しみな笹生優花選手
*  *  *
 全米アマチュア選手権(8月10~16日、オレゴン州バンドンのバンドンデューンズゴルフリゾート)で珍事というか、気の毒な出来事がありました。

 準々決勝進出をかけた一戦です。アルゼンチンのセグンド・オリバー・ピントのキャディーが、選手の打つ前にバンカーの砂を手で触ってしまいました。

 こんな初歩的なゴルフ規則違反で対戦相手のタイラー・ストラファシ(アメリカ)が勝利。ストラファシは最終的に優勝しました。そんな強豪との戦いで、イーブンで迎えた最終18番での出来事でしたから、ピントの落ち込みも尋常じゃなかったでしょうね。

 それにしても、一体何がしたかったんでしょう。選手がグリーンへラインの確認に行ってる間にバンカー内に入ったそうです。残念すぎます。

 でも、SNS上にキャディーへの批判が殺到したってのは、正直よく分からないです。そんなことしても、意味ありませんよね。選手とキャディーの当人同士がきちんと話をして解決したみたいなので、それでいいじゃないですか。

 国内女子ツアーの2戦目となった「NEC軽井沢72トーナメント」(8月14~16日、長野・軽井沢72G北コース)では、昨年のプロテストに合格したルーキー笹生優花(さそうゆうか)さん(19)が、プロ2戦目でツアー初優勝を飾りました。

 身長が166センチと大きいんですよね。日本の女子ツアーは小さい選手でも結構頑張れるってところがあったと思うんですけど、ここからは背の大きな選手が勝つというふうに、体格が大きく影響してくるんじゃないかと思いますね。これはもう、時代の流れですから、しょうがないかなと思います。

 国内男子ツアーも、ようやくフジサンケイクラシック(9月3~6日、山梨・富士桜CC)で、日本での試合は5カ月遅れの開幕です。でも、まだこの1試合しか決まってないんでね。フジサンケイが何とか開催してくれる、前向きな気持ちでやってくれるということなんで、これがいい方向になってくれたらと思うだけですね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい