「鼻血か痛風か」究極の選択も…作家・黒川博行の健康事情

出たとこ勝負

黒川博行

2020/08/06 16:00

 鼻血がいいか、痛風がいいか──。わたしは決断して、コルヒチンを服まないことにした。代わりにペットボトルのお茶をそばにおいて、がぶ飲みする。一日に四リットルが目標だが、けっこう辛い。それでも三日にわたってペットボトル五本を空にすると、アキレス腱の痛みがひき、週末のテニスもできた。

 わたしが参加している“ご近所テニス同好会”は四十年ほど前に組織され、最盛期の会員は五十人もいた。女子ダブルス、男子ダブルス、ミックスダブルス、男子シングルス、チーム対抗戦と、年間に五つもの大会を開催し、入賞者には名前を刻んだメダルが贈られた。打ち上げの飲み会、カラオケ大会、グァムやハワイでの遠征試合と、地域活動としてはかなり盛況で、楽しい日々をすごしたのだが、寄る年波で、ひとり欠け、ふたり欠けとなり、いまは大会をしても二十人がやっとという状況だ。

 リタイアしたひとを思い浮かべると、その多くは小肥(こぶと)り、または肥満体だった。大相撲の力士ではないが、みんな例外なく膝(ひざ)を痛めてテニスをやめた(いま、幕内力士のほぼ半数は膝にサポーターをしている)。ことほどさように肥満は膝にわるい。過剰な脂肪は内臓にもわるい。

 わたしは人間ドックでメタボだといわれた。これで膝を痛めればテニスができなくなり、もっとメタボになる。明日から、よめはんとウォーキングをしよう。

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

週刊朝日  2020年8月14日‐21日合併号

黒川博行

黒川博行

黒川博行(くろかわ・ひろゆき)/1949年生まれ、大阪府在住。86年に「キャッツアイころがった」でサントリーミステリー大賞、96年に「カウント・プラン」で日本推理作家協会賞、2014年に『破門』で直木賞。放し飼いにしているオカメインコのマキをこよなく愛する

このコラムニストの記事をすべて見る
1 2

あわせて読みたい

  • 一見“元気な爺”でも…作家・黒川博行がテニスで走りまわるワケ
    筆者の顔写真

    黒川博行

    一見“元気な爺”でも…作家・黒川博行がテニスで走りまわるワケ

    週刊朝日

    12/3

    高血圧とメタボ解消に苦心 「麻雀か、お散歩か」作家・黒川博行の選択は
    筆者の顔写真

    黒川博行

    高血圧とメタボ解消に苦心 「麻雀か、お散歩か」作家・黒川博行の選択は

    週刊朝日

    5/13

  • 「睡眠薬が入っていく瞬間が楽しみ」 直木賞作家が語る人間ドック
    筆者の顔写真

    黒川博行

    「睡眠薬が入っていく瞬間が楽しみ」 直木賞作家が語る人間ドック

    週刊朝日

    7/22

    直木賞作家・黒川博行が脅してなだめて…よめはんの大腸検査 
    筆者の顔写真

    黒川博行

    直木賞作家・黒川博行が脅してなだめて…よめはんの大腸検査 

    週刊朝日

    4/30

  • テニス通いは何のため? 「爺さんたちの生態」を作家・黒川博行が解説
    筆者の顔写真

    黒川博行

    テニス通いは何のため? 「爺さんたちの生態」を作家・黒川博行が解説

    週刊朝日

    3/12

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す