「老いを認めない」は要注意 精神科医が説く「55歳からの過ごし方」

シニア

2020/08/01 09:00

 55歳というのは微妙な年齢だ。企業の役員の席が狙えそうな人は別だが、大半の人は定年が視野に入る。とはいえ、その後をどう生きていくか決めている人は少ないのでは?

あわせて読みたい

  • 伊能忠敬に学べ! 定年後うつにならないための“脳の喜ばせ方”

    伊能忠敬に学べ! 定年後うつにならないための“脳の喜ばせ方”

    週刊朝日

    5/28

    「70歳からのハローワーク」が現実に 政府が進める「老後レス社会」

    「70歳からのハローワーク」が現実に 政府が進める「老後レス社会」

    週刊朝日

    3/20

  • 清原和博容疑者 オトコが陥った苦痛と虚勢…そして薬物

    清原和博容疑者 オトコが陥った苦痛と虚勢…そして薬物

    dot.

    2/7

    12月号宗教学者・上智大学グリーフケア研究所所長 島薗 進Shimazono Susumu身につまされる「老い」の事例

    12月号宗教学者・上智大学グリーフケア研究所所長 島薗 進Shimazono Susumu身につまされる「老い」の事例

    12/2

  • 上島竜兵さん、渡辺裕之さん 続く60代の急死に精神科医は「老人に着地していくことも必要」

    上島竜兵さん、渡辺裕之さん 続く60代の急死に精神科医は「老人に着地していくことも必要」

    dot.

    5/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す