「自・公・維の連立構想」でポスト安倍に 菅官房長官が急浮上のワケ (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「自・公・維の連立構想」でポスト安倍に 菅官房長官が急浮上のワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
西岡千史,上田耕司,今西憲之週刊朝日
菅官房長官 (c)朝日新聞社

菅官房長官 (c)朝日新聞社

吉村洋文大阪府知事をめぐる政界相関図 (週刊朝日2020年8月7日号より 写真=(c)朝日新聞社)

吉村洋文大阪府知事をめぐる政界相関図 (週刊朝日2020年8月7日号より 写真=(c)朝日新聞社)

 しかし、このシナリオは絵に描いた餅になる可能性もある。

 安倍首相が憲法改正を争点の一つに掲げた19年の参院選では、公明は比例代表の得票数が約654万票で、前回から約104万票減らした。安倍首相が維新と進めようとする憲法改正は、公明の支持母体である創価学会に評判がよくない。憲法改正を次の衆院選の争点にすることに、公明党幹部は警戒心を隠さない。

「憲法改正の発議をするのは国会で、最後は国民投票で決めるのがルール。衆院選の争点で憲法改正を掲げて選挙するというのは、憲法改正の道筋として間違っているし、国民投票の形骸化につながる」

 だが、日本維新の会の馬場伸幸幹事長はこう話す。

「公明とはこれまでいろいろあり、吉村さんは以前、『公明党をぶっこわーす』と言っていたが、今では維新と公明は超大人の関係です」

(本誌・西岡千史、上田耕司/今西憲之)

週刊朝日  2020年8月7日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい