アフターコロナ時代は人文社会系の研究も不可欠に 立命館大学長が理由を語る

教育

2020/07/20 08:00

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、全国の大学が学びの機会をどう確保するかとともに、新しい教育や研究のあり方を模索している。立命館大学の仲谷善雄学長がその行く末を語る。

あわせて読みたい

  • 大学の9割以上がYouTube活用 ターゲット「志願者層以外」なのに効果アリの意外な理由

    大学の9割以上がYouTube活用 ターゲット「志願者層以外」なのに効果アリの意外な理由

    AERA

    7/11

    2022大学入試も「情報系人気」は継続か 注目は「女子大初」の工学部

    2022大学入試も「情報系人気」は継続か 注目は「女子大初」の工学部

    AERA

    9/26

  • 内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    内田樹氏、大学の授業料減免、返還を強く訴える

    dot.

    4/24

    コロナ禍の就職支援は? 早稲田、明治…大学もオンライン・チャットで奮闘

    コロナ禍の就職支援は? 早稲田、明治…大学もオンライン・チャットで奮闘

    週刊朝日

    12/13

  • 立命館大の「賭け」? 中国と「共同学部」設立

    立命館大の「賭け」? 中国と「共同学部」設立

    AERA

    10/8

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す