昭和の大女優・原節子が表舞台から姿を消す2年前… 自宅でくつろぐ貴重なショットを蔵出し 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

昭和の大女優・原節子が表舞台から姿を消す2年前… 自宅でくつろぐ貴重なショットを蔵出し

このエントリーをはてなブックマークに追加
菊地武顕週刊朝日
原節子さん (c)朝日新聞社

原節子さん (c)朝日新聞社

原節子さん (c)朝日新聞社

原節子さん (c)朝日新聞社

 今年は、昭和を代表する「伝説の女優」原節子の生誕100年。四半世紀に渡って、映画界をけん引してきた大女優は42歳で表舞台から姿を消した。本誌カメラマンは、引退前の1960年前に、自宅での屈託のない笑顔を捉えていた。

【蔵出しショット】自宅で犬と戯れる原節子さん

*  *  *
 庭に水をまきながらつい笑顔となるのも、寒さが和らぎ、春の兆しを感じさせる陽光のためなのだろう。「いちばん好きなのは日なたぼっこと水まき」なのだから。

 本誌カメラマンが東京・狛江の自宅に原節子さんを訪ねたのは、1960年2月25日。35年のデビュー以来、四半世紀にわたって日本映画界を牽引してきた彼女は、40歳を前にしていた。

 写真は「週刊朝日別冊」60年陽春特別号に掲載された。映画「路傍の石」撮影中の様子を報じた同誌で、原さんは、本を読むこと、泣いた後の解放感、日なたでぼんやりしてることが好きだと明かし、次回出演作「娘・妻・母」での台詞に絡めて、女優引退後にはおでんやでも、と示唆した。

 本誌に笑顔を見せた2年後。「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」を最後に、原さんは映画界から退いた。(本誌・菊地武顕)

週刊朝日  2020年6月26日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい