路上、ネットカフェ生活者が10万円の特別定額給付金をもらえない理由

2020/06/09 08:00

 正式な居住先を持たない路上生活者は全国に約5千人。新型コロナウイルス感染拡大の影響で失業者が増えたことから、さらに増加すると予想されている。いま、こうした人たちに10万円の特別定額給付金が届かない懸念が出ている。

あわせて読みたい

  • ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    ホームレス生活10年、一番つらいのは「そういう目」 コロナ禍で路上生活に変化も

    AERA

    12/30

    コロナ終息せず住まいの“命綱”期限迫る…12月以降に「路頭に迷う」懸念とは?

    コロナ終息せず住まいの“命綱”期限迫る…12月以降に「路頭に迷う」懸念とは?

    AERA

    11/12

  • 夏以降「家まで失う人が増える」の声も コロナ禍であぶり出される貧困

    夏以降「家まで失う人が増える」の声も コロナ禍であぶり出される貧困

    AERA

    6/4

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    新型コロナで増える「住居喪失」 給付金申請の大幅増で相談員がバーンアウトする理由

    AERA

    10/18

  • 損しない! コロナ関連「確定申告」、スマホやチケット代も控除に

    損しない! コロナ関連「確定申告」、スマホやチケット代も控除に

    週刊朝日

    1/22

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す