コロナ後の“笑い”は? 三宅裕司、YouTube挑戦と劇場再開への想い

2020/06/07 12:00

 座長を務める「熱海五郎一座」の公演中止を発表した三宅裕司さん(69)。大学卒業後、喜劇役者を目指し、長年にわたって笑いを届けてきた。このコロナ禍のさなかには、YouTubeへ進出。ネットを通じて笑いを届ける新たな試みを始めた。そんな三宅さんが笑いについて語る。

あわせて読みたい

  • 三宅裕司「芸人にとっては一番の褒め言葉」“フラがある”とは?

    三宅裕司「芸人にとっては一番の褒め言葉」“フラがある”とは?

    週刊朝日

    10/16

    三宅裕司の“笑いの原点”は? 今も「東京の笑い」目指す

    三宅裕司の“笑いの原点”は? 今も「東京の笑い」目指す

    週刊朝日

    6/7

  • 三宅裕司が「劇団SET」40周年に旗揚げした“子どもSET”が面白い

    三宅裕司が「劇団SET」40周年に旗揚げした“子どもSET”が面白い

    AERA

    7/15

    浅野ゆう子が三宅裕司の楽屋強襲 舞台出演を熱望した意外な理由

    浅野ゆう子が三宅裕司の楽屋強襲 舞台出演を熱望した意外な理由

    週刊朝日

    4/23

  • 人気CMも実は台本なし! 伊東四朗の“喜劇役者”人生

    人気CMも実は台本なし! 伊東四朗の“喜劇役者”人生

    週刊朝日

    11/13

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す