池江璃花子はいつも「ありのまま」 周囲も驚く回復力と精神力

2020/05/27 16:00

 二十歳で出場するはずだった東京五輪は遠くなったが、今後は24年のパリ五輪でメダルを目指すとしている。元東京大学医科学研究所特任教授で血液腫瘍内科医の上昌広医師はこう語る。

「抗がん剤だけの治療で、しかも21年の開催だったら東京五輪に間に合ったかもしれませんが、命の観点から言えば治る可能性がより高い造血幹細胞移植をして良かったと思います」

 上医師によれば、移植後、一般的にデスクワークでも仕事復帰には1年、早くても半年はかかるそうだ。

「しかし彼女はもうプールに入っている。スポーツをできること自体が驚異的なことなんです」(上医師)

 前出の番組内では、プールでタイム計測を希望。25メートル(バタ足)を19秒41で泳ぐと「記録しておいてください」と笑った。

 弱さも含めてありのまま全部見せられる。これが彼女の強さだろう。(本誌・大崎百紀)

週刊朝日  2020年6月5日号

1 2

あわせて読みたい

  • 「本当に目指すのはパリ五輪」 池江璃花子の“新たなスタート”はまだ始まったばかり

    「本当に目指すのはパリ五輪」 池江璃花子の“新たなスタート”はまだ始まったばかり

    dot.

    7/25

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    競泳・池江選手も発症した急性白血病 進化を続ける治療法とは

    dot.

    7/23

  • 池江璃花子選手を襲った悲劇 「白血病4割以上が根治」と専門家

    池江璃花子選手を襲った悲劇 「白血病4割以上が根治」と専門家

    週刊朝日

    2/12

    「奇跡の復活」池江璃花子に過度な期待は禁物 「メダル、メダルと言わないで」と水泳関係者

    「奇跡の復活」池江璃花子に過度な期待は禁物 「メダル、メダルと言わないで」と水泳関係者

    dot.

    7/23

  • 夏目雅子を襲った急性骨髄性白血病 今では可能になった「ミニ移植」とは?

    夏目雅子を襲った急性骨髄性白血病 今では可能になった「ミニ移植」とは?

    dot.

    9/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す