「BCGがコロナを防ぐ」は本当か? 免疫学の第一人者が回答 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「BCGがコロナを防ぐ」は本当か? 免疫学の第一人者が回答

このエントリーをはてなブックマークに追加
BCGワクチン。接種後約1 カ月で結核の免疫ができるという (c)朝日新聞社

BCGワクチン。接種後約1 カ月で結核の免疫ができるという (c)朝日新聞社

 結核の予防接種で使われる「BCGワクチン」。細い9本の針を刺す“ハンコ注射”といえば、思い出す人も多いだろう。このBCGワクチンが新型コロナウイルスの感染を予防するのではないかと、一部の専門家の間で話題になっている。

【新型コロナウイルスの顕微鏡写真はこちら】

 BCGは古くからあるワクチンの一つ。わが国では現在、公費でまかなわれる定期接種として、生後11カ月までに1回接種することになっている。

「国によって事情が異なり、予防接種が広く行われている国もあれば、一部に限られている国、ほとんどされていない国があります。興味深いことに、BCGの予防接種を受けている国のほうが、受けていない国よりも感染の広がりが遅いことがわかったのです」

 こう話すのは、免疫学の第一人者で、大阪大学名誉教授の宮坂昌之医師だ。この現象をホームページで紹介した豪州在住のJUN・SATO(ジュン・サトウ)氏によるデータを基に改めて独自に解析したところ、感染の広がりだけでなく、死亡率にも同様の傾向が見られたという。

「BCGを接種していないイタリアでは、100万人あたりの死者数が217.4人。これに対して接種している日本は0.5人、台湾は0.2人でした」


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい