夜間外出やめて週末は自宅待機を 小池知事が「感染爆発重大局面」を宣言 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

夜間外出やめて週末は自宅待機を 小池知事が「感染爆発重大局面」を宣言

このエントリーをはてなブックマークに追加
多田敏男,池田正史週刊朝日#新型コロナウイルス
「感染爆発 重大局面」のボードを掲げる小池百合子・東京都知事=撮影・上田耕司

「感染爆発 重大局面」のボードを掲げる小池百合子・東京都知事=撮影・上田耕司

 新型コロナウイルスの感染拡大がさらに深刻になった。東京都の小池百合子知事は3月25日、都内で新たに41人の感染が確認されたとして、夜間外出をやめることなど大規模な自粛の呼びかけをした。今週末の外出自粛も求めており、首都東京の経済活動は一気に縮小しそうだ。

 小池知事は午後8時過ぎから会見し、この3日間で74人の感染が確認されたことを公表。感染経路が不明な人も複数含まれているとして、感染者の爆発的な増加が懸念される「感染爆発 重大局面」にあると訴えた。

「このままでは医療崩壊が起きかねない。都市の全面的な封鎖をしないためにも、都民の協力をお願いしたい」

 都知事は改めて、三つの「密」を避けるよう訴えた。

○換気の悪い密閉空間

○多くの人の密集する場所

○近距離での密接した会話

 こうした場面を避けるため、屋内、屋外とわずに、イベントなどへの参加を控えるよう呼びかけている。

 都としてもイベントの主催者に、開催そのものを自粛するよう強く求めていることも説明した。

 3月28日に後楽園ホールで開催予定だった格闘技イベント「K―1」については、都として主催者と協議した結果、無観客試合になるという。

 ほかにも、ライブハウスなどにも自粛を個別に求めていくという。

 無症状の人がウイルスを拡散することが懸念されるとして、小人数でも飲食を伴う会合はできるだけ控えるよう訴えた。

 都民にとって影響が大きいのは外出自粛要請だ。小池都知事は次のように述べた。

「平日は仕事はできるだけ自宅でして、夜間の外出は控えて欲しい。週末は急ぎでない外出は控えて欲しい。できる限り動きを自宅内で限定して欲しい」

 海外からの帰国者については、感染が確認される例が増えているとして、帰国から14日間の外出自粛を順守してもらう。

 週末の外出自粛要請は北海道で実施され、経済活動に大きな影響が出ている。1千万人を超える東京都民が一斉に外出を控えると、かなりのインパクトが想定される。自粛によって飲食店などの営業が難しくなることも考えられる。感染拡大のためには自粛はやむを得ないことだが、業者らへの支援策などが課題となる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい