「桜を見る会」石破氏は安倍首相に苦言 辻元氏のエールに苦笑 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「桜を見る会」石破氏は安倍首相に苦言 辻元氏のエールに苦笑

このエントリーをはてなブックマークに追加
上田耕司週刊朝日#安倍政権
昨年4月、主催した「桜を見る会」であいさつした安倍晋三首相=東京・新宿御苑 (代表撮影)

昨年4月、主催した「桜を見る会」であいさつした安倍晋三首相=東京・新宿御苑 (代表撮影)

 国民民主党の原口一博国対委員長は言う。

「辻元さんはホテルの広報から回答をメールでもらった。広報は会社の公式見解を示すわけです。安倍首相はホテルの営業から『営業の秘密』という回答を得たと言っていた。でも自民党が安倍事務所から聴き取りした文書の中にはそんな文言はなかった。つまり安倍氏は話を足しているし、作っているんです。安倍さんは“詰んでいる”と思いますよ」

 安倍首相と辻元氏の応酬をみて、石破氏は首をかしげる。

「安倍総理は一人ひとりとホテル側との契約だったから明細書はなかったという説明。これについても、ホテル側から『一般論としては明細書を出しますが、当然、例外はございます』という回答があれば、この問題は済むことなんです。それがなぜできないか、ということでしょう」

 そのうえで苦言を呈す。

「今までは、自民党もひどいけど、当時の民主党に比べればまし、という消極的な選択で選ばれていたが、だんだんと野党のほうが筋が通っている、と見られるようになってきた。当選1回生、2回生の若い議員たちに、ちゃんと選挙区で説明できるようにしてあげるのも党の仕事だと思います」

 早くも“春一番”が吹き荒れる自民党内である。(本誌・上田耕司)

週刊朝日  2020年3月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい