仕事と家庭の両立は自信ナシ? 夏帆「結婚するとどうなんですかね」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

仕事と家庭の両立は自信ナシ? 夏帆「結婚するとどうなんですかね」

夏帆さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆さん(右)と林真理子さん (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆(かほ)/1991年、東京都生まれ。初主演映画「天然コケッコー」(2007年)で日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞。「海街diary」(15年)で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演映画に「友罪」(18年)、「きばいやんせ!私」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(19年)などがある。最新出演映画「Red」(原作:島本理生)が2月21日、全国で公開。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆(かほ)/1991年、東京都生まれ。初主演映画「天然コケッコー」(2007年)で日本アカデミー賞新人俳優賞ほか多数の新人賞を受賞。「海街diary」(15年)で、日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞。近年の主な出演映画に「友罪」(18年)、「きばいやんせ!私」「ブルーアワーにぶっ飛ばす」(19年)などがある。最新出演映画「Red」(原作:島本理生)が2月21日、全国で公開。 (撮影/写真部・掛祥葉子)

夏帆:それ、最近考えるんですよ。結婚しても仕事と家庭を両立させてる方はたくさんいらっしゃるけど、自分はできるのかとなると、ちょっと自信がないというか……。子どもができて、母親をまっとうしなきゃいけない中で、どうしてもやりたい仕事が来て、地方に何カ月か行かなきゃいけなくなったときに、どんな感じなんだろうなって最近すごく考えますね。

林:私、子どもが幼稚園ぐらいのとき、2日間ぐらい家にいないと夫がギャーギャー怒鳴ったけど、「女優さんはどうするのよ。何日間も地方ロケがあっても、ちゃんと行かせてくれるのよ」ってよく言いましたよ。女優さんって特殊な仕事だけど、そのときやりたい役があったら、どんなことをしてもやりたいですよね。

夏帆:やりたいと思ってしまうんですけど、結婚するとどうなんですかね。家族が協力的でないと、なかなかできないですよね。

林:まだ先のことでしょうけどね。

 この映画、主演の夏帆さんと妻夫木聡さんの二人が素敵でした。「こういう恋がしたい」「こういう人に抱かれたい」という見てる人の気持ちが可視化されてるような気がして。

夏帆:見てる人が「夢を見てるみたい」と思えるような映画だったらいいなと思います。

林:奥さんはいろんなことを考えながら、独身の女性は自分に問いかけをしながら見る映画なんじゃないですかね。

夏帆:いろんな意見があると思うんですけど、このタイミングでこの映画を世に出すことができるのは、素晴らしいことなんじゃないかと私は思います。私自身こういう日本映画を見たかったなと。今の映画には、こういう恋愛ものはめずらしいのかもしれないですね。

林:そうですよ。今、恋愛小説が売れないんです。皆さんが恋愛をしないから、あんまり興味を持たれなくて、ミステリーとからめたりしないと読んでくれないんですけど、これは非常に正攻法の恋愛映画で、女性の生き方とか、いろんなものをからめてますよね。どこか海外の映画祭に出品するんですか。

夏帆:そういう話は聞いています。

林:ぜひレッドカーペットを歩いてくださいよ。

夏帆:はい、「Red」だけに頑張ります(笑)。

(構成/本誌・松岡かすみ、編集協力/一木俊雄)

週刊朝日  2020年2月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい