豊作だった今年の歴史・時代小説 ベスト3は日本の忖度文化、石田三成、芸道がテーマ

2020/01/07 11:30

 2019年も傑作が数多く生まれた時代小説。文芸評論家の縄田一男さんに19年の3冊をあげてもらい、ノンフィクションライターで時代小説を愛読する長田渚左さんと対談していただきました。

あわせて読みたい

  • この歴史・時代小説がすごい! 傑作ぞろいの2019年ベスト10を発表

    この歴史・時代小説がすごい! 傑作ぞろいの2019年ベスト10を発表

    週刊朝日

    1/6

    たった1ページなのに西郷隆盛の存在感がすごい 評論家絶賛の時代小説とは

    たった1ページなのに西郷隆盛の存在感がすごい 評論家絶賛の時代小説とは

    週刊朝日

    1/3

  • 2018年「歴史・時代小説」総決算 “物語の化学変化”見えた傑作とは?

    2018年「歴史・時代小説」総決算 “物語の化学変化”見えた傑作とは?

    週刊朝日

    12/31

    「全国でイメージ悪すぎ、滋賀県では良すぎ」の石田三成を描いた作家・今村翔吾さん 19年歴史・時代小説で1位に輝く

    「全国でイメージ悪すぎ、滋賀県では良すぎ」の石田三成を描いた作家・今村翔吾さん 19年歴史・時代小説で1位に輝く

    週刊朝日

    1/5

  • 評価一転“忠義の漢” 石田三成が支持されるワケ

    評価一転“忠義の漢” 石田三成が支持されるワケ

    dot.

    6/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す