伊藤詩織さんを「とても複雑な気持ち」にさせた山口敬之氏の言葉とは? 会見で対峙も

2019/12/19 19:21

山口敬之さんの会見に参加した伊藤詩織さん=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男
山口敬之さんの会見に参加した伊藤詩織さん=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男
会見する山口敬之さん=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男
会見する山口敬之さん=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男
会見場の記者席から山口敬之さんを見つめる伊藤詩織さん=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男
会見場の記者席から山口敬之さんを見つめる伊藤詩織さん=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男
山口敬之さんの会見には国内外の記者が集まり関心の高さをうかがわせた=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男
山口敬之さんの会見には国内外の記者が集まり関心の高さをうかがわせた=東京都千代田区の日本外国特派員協会、撮影・多田敏男

 ジャーナリストの伊藤詩織さんが、性暴力被害を受けたとして元TBS記者の山口敬之さんを訴えていた裁判は、伊藤さんの勝訴となった。東京地裁は12月18日、山口さんに330万円の支払いを命じた。

 山口さんは19日、日本外国特派員協会(東京都千代田区)で会見し、判決を不服として控訴する意向を示した。

 判決などによると2015年4月に、就職活動中だった伊藤さんは、当時TBSのワシントン支局長だった山口さんと都内で会食した。その後、山口さんの宿泊先のホテルで性行為をされた。山口さん側は「合意があった」などと主張していたが、判決では「酩酊(めいてい)状態で意識のない伊藤さんに合意がないまま性行為に及んだ」と認定された

 この問題では伊藤さんが刑事告訴し、山口さんの逮捕状がいったん出されたが、執行されることはなかった。山口さんは16年7月に不起訴処分となり、伊藤さんが検察審査会に申し立てたが、17年9月に「不起訴相当」の結論となった。伊藤さんは民事裁判で真実を明らかにしたいとして、同月、1100万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していた。

 山口さんの会見では伊藤さんも記者席に座った。「伊藤さんはうそをついている」などと述べる山口さん側の主張をじっと聞いていた。山口さんに直接質問する機会はなかったが、自分の会見後の取材では報道陣に次のように答えた。

「今回のことについて悔やむような言葉を使われていたときは、とても複雑な気持ちになりました。私としては、やはりこういったことがなぜ起こってしまったのか、ご自身で向き合ってもらいたい。今後同じようなことが起きないために、性暴力を起こさないように考えていただけたら私はうれしいなと思います」

 会見では山口さんや代理人の北口雅章弁護士が、判決の認定は誤りがあるなどと、主張を述べた。その後、質疑応答に移った。山口さんと記者の主なやり取りは次の通り。

――逮捕状が出たときに取り消しになった。「上級国民扱い」ではないのか。

 まず、私は逮捕状が出たと言うことは知ることができません。私を逮捕しないで欲しいなどと、誰にも依頼したことはありません。警察の捜査対象になっていたことも、逮捕状が出たことも知らないのですから、誰かに依頼することはそもそも不可能なのです。

NEXT

「こういうことが起きたことは、とても残念に思います」

1 2 3

あわせて読みたい

  • 伊藤詩織さんが同じ性被害者に伝えたこと 「一番重要なのは、生き延びること」

    伊藤詩織さんが同じ性被害者に伝えたこと 「一番重要なのは、生き延びること」

    AERA

    12/19

    伊藤詩織さん民事訴訟で「勝訴」、刑事で「不起訴」はなぜ? 立証のハードル

    伊藤詩織さん民事訴訟で「勝訴」、刑事で「不起訴」はなぜ? 立証のハードル

    AERA

    12/24

  • 性被害者の口封じはさせない 「セカンドレイプに法的措置」という伊藤詩織さんの思いとは

    性被害者の口封じはさせない 「セカンドレイプに法的措置」という伊藤詩織さんの思いとは

    週刊朝日

    12/20

    “セカンドレイプ”詩織さん「警察、病院は助けてくれなかった」

    “セカンドレイプ”詩織さん「警察、病院は助けてくれなかった」

    週刊朝日

    6/14

  • “親・安倍”ジャーナリスト山口敬之氏 レイプ疑惑で絶体絶命

    “親・安倍”ジャーナリスト山口敬之氏 レイプ疑惑で絶体絶命

    週刊朝日

    6/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す