「五輪で本物の空手を示したい」沖縄出身・喜友名諒の“特別な思い”

2020東京五輪

2019/12/14 17:00

 2020年東京五輪で活躍が期待される選手を紹介する連載「2020の肖像」。第12回は、空手男子・喜友名諒(29)。2020年東京五輪で初採用される空手。日本発祥の武道として、本番でのメダル獲得が期待される。その中心にいるのが男子形で世界選手権を3大会連続制覇し、現在も世界ランキング1位に君臨する喜友名。空手の発祥地である沖縄で生まれ育った、申し子だ。朝日新聞社スポーツ部・竹園隆浩氏が、喜友名の足跡を辿る。

あわせて読みたい

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す