“マタハラ訴訟”原告が逆転敗訴「マスコミに事実と異なること伝えた」

2019/12/11 11:30

 有名なマタハラ裁判の控訴審で判決が逆転し、注目を浴びている。原告女性(38)は、育児休業取得後に正社員から契約社員になることを迫られ、1年で雇い止めになったことが「マタニティーハラスメント」に当たるとして4年前、勤務先の語学スクール運営会社のジャパンビジネスラボ(JBL)社を訴えていた。一審判決では雇い止めが無効とされ女性が勝訴した。

あわせて読みたい

  • 【裁判ルポ】マタハラ裁判で勝訴した原告女性の主張はなぜ、高裁で否定されたのか

    【裁判ルポ】マタハラ裁判で勝訴した原告女性の主張はなぜ、高裁で否定されたのか

    週刊朝日

    12/4

    「マタハラ」で会社を訴えた原告女性はなぜ逆転敗訴したのか? 被告の女性社長が語った法廷の”真実”

    「マタハラ」で会社を訴えた原告女性はなぜ逆転敗訴したのか? 被告の女性社長が語った法廷の”真実”

    週刊朝日

    12/29

  • 原発裁判で住民勝訴の日は来るか? 問われる裁判官の良識と理性

    原発裁判で住民勝訴の日は来るか? 問われる裁判官の良識と理性

    週刊朝日

    10/14

    韓国慰安婦訴訟の2判決の結論が正反対 裁判を拒否した日本

    韓国慰安婦訴訟の2判決の結論が正反対 裁判を拒否した日本

    dot.

    4/26

  • 津田大介「改めて突きつけられたまとめサイトの責任」
    筆者の顔写真

    津田大介

    津田大介「改めて突きつけられたまとめサイトの責任」

    週刊朝日

    7/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す