北原みのり「報道女性たちも遭遇する性暴力」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北原みのり「報道女性たちも遭遇する性暴力」

連載「ニッポン スッポンポンNEO」

このエントリーをはてなブックマークに追加
北原みのり週刊朝日#北原みのり
北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

イラスト/田房永子

イラスト/田房永子

 加害者と被害者を対等に並べ、どちらが嘘をついているか。そのように性暴力を語りたがる人が、この社会には本当に多い。そのような語り口そのものが性差別的であり、被害者が沈黙することで性暴力が再生産され、女性が人生を諦めることが前提になっている。

 早朝から深夜まで、報道陣の仕事は過酷だ。「男性の仕事」とされてきた報道の現場で、女性たちが屈辱に耐え沈黙を守りながら、報道している現実の闇を、やはりもうこのままにしてはいけない。

 性差別を受けることは、仕事に集中できず、希望や描いていた未来を奪われること。この社会にすみずみまで染み渡る性差別の空気を、ペンの力で、私たちの声の力で変えたい。

週刊朝日  2019年12月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

北原みのり

北原みのり(きたはら・みのり)/1970年生まれ。作家、女性のためのセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」代表

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい