“ゆとりの老後”をもたらす10カ条 基本は「出費を抑える」 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“ゆとりの老後”をもたらす10カ条 基本は「出費を抑える」

このエントリーをはてなブックマークに追加
池田正史,浅井秀樹週刊朝日#シニア
消費税の軽減税率とポイント還元制度のポスター

消費税の軽減税率とポイント還元制度のポスター

老後の家計にゆとりをもたらす10カ条 (週刊朝日2019年11月22日号より)

老後の家計にゆとりをもたらす10カ条 (週刊朝日2019年11月22日号より)

具体的な節約術と貯蓄・運用法 (週刊朝日2019年11月22日号より)

具体的な節約術と貯蓄・運用法 (週刊朝日2019年11月22日号より)

 消費税が上がり、社会保障の負担増もあって生活は苦しい。年金も当てにならず、老後の不安は増すばかりだ。ゆとりのある暮らしを実現するにはどうすべきか。“金持ち老後と貧乏老後”の分かれ目は今。まだ間に合う対策を紹介しよう。

【具体的な節約術と貯蓄・運用法はこちら】

 金持ち老後を実現するには、家計にゆとりをもたらすことが大切だ。収入より支出が上回り、自分の蓄えが毎月減っていくのを知ると、どうしても不安になる。支出を月1万円でも減らせれば、長い目で見ると、大きな差になってくる。ファイナンシャルプランナーの丸山晴美さんは、「限られた資産の寿命を少しでも延ばすには出費を抑えるのが基本」と話す。

 見直し効果が大きいのが生命保険だ。生命保険文化センターの調査によると、60代でも年間30万~40万円の保険料を払っている人が多い。蓄えがあって子どもが自立しているのなら、死亡保障のための保険はやめてもいい。医療保障も公的制度があるのでたくさん入る必要はない。高い医療費がかかっても、一定額に抑えられる制度もある。

 保険の見直しでは、「お宝保険」は残すようにしたい。バブル経済のころに契約した保険には、予定利率が高く有利なものもある。保険会社から契約変更を勧められても、お得な保険は維持しよう。

 通信費や光熱費など、毎月支払う固定費も削減効果が大きい。固定電話を解約し、スマホを格安なものに変えると、月数千円はカットできる。

 こうした節約術や収入の増やし方、貯蓄・運用法などをまとめたのが、下の「老後の家計にゆとりをもたらす10カ条」だ。簡単なように見えても、実際にはできていないこともあるはずだ。

【老後の家計にゆとりをもたらす10カ条】(専門家への取材をもとに編集部作成)

■収入を増やす
・65歳以降も元気なうちはなるべく働いて年金以外の収入を確保する。一人だけでがんばらずに、妻や家族みんなで協力

・長く働くと年金の加入期間が延び、年金もそれだけ増える。自分がどれだけ受け取れるかを早めに把握しよう

・健康に自信があるなら年金の受給開始年齢を66~70歳に遅らせる。1カ月の繰り下げごとに年金額は0.7%アップ。未納期間があるなら任意加入や追納で受取額を増やそう


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい