石田ゆり子、福山雅治と映画初共演 恋人役で気をつけたこととは?

2019/11/05 11:30

──フランス語や英語のセリフは、どのように覚えたのですか?

 私は散歩が好きなんですね。いろんなところを歩くのですが、そのときに、セリフを覚えながら歩くことはあります。今回は、ミッション(外国語のセリフの習得)のために、特に歩きながらブツブツしゃべって練習をしていました。

──「マチネの終わりに」は、東京、パリ、ニューヨークを舞台にしていますが、パリの印象はいかがでしたか?

 今回の映画のために、パリには16泊したんですね。そんなに長い時間、しかもお仕事で行くということもなかなかないのですが、それだけに、暮らすように滞在できました。それがとても楽しかったですね。パリでもやはり散歩をしていました。モンマルトルのホテルに泊まって、朝は近所のパン屋さんにパンを買いに行ったり。そのへんのエリアを歩いていると、著名な芸術家のお墓があったり、おうちがあったりするんです。そういったところはパリの魅力のひとつですね。

──ニューヨークはいかがでしたか?

 ニューヨークもとても大好きな街なのですが、今回はパリとは反対に、とてもあわただしくて。しかも、撮影中に雪が降ってきたりして、大変でした。

──今回主演の福山雅治さんとは、俳優としては初共演になるんですね。

 はい。20代のときに一度、コマーシャルでご一緒したことはあるので、二十数年ぶりですね。これまで一度もご一緒していなかったのが不思議なくらいです。私に語学のミッションがあったように、福山さんには今回はクラシックギターを弾くというミッションがありました。そして、物語の内容的にも、なあなあにはなりませんので、現場でお互い雑談したりすることはありましたが、なるべくなれ合わないように心掛けていました。

──距離が近くなりすぎると、演技に出てしまうことがあるということでしょうか。

 今回のようなナイーブな心情を描くお話だと、本番を待っている間の過ごし方もけっこう重要なんです。たとえば雑談で話がはずんでゲラゲラ笑った後に、切羽詰まったシーンを撮るのはなかなか大変ですから、そういった緊張感はお互いにあったような気はします。

1 2 3

あわせて読みたい

  • 石田ゆり子、今年もカワイさが止まらない…素顔はやり手のキャリアウーマン

    石田ゆり子、今年もカワイさが止まらない…素顔はやり手のキャリアウーマン

    dot.

    1/11

    石田ゆり子は同じニットを20年愛用 “モノ持ちがいい”俳優たち

    石田ゆり子は同じニットを20年愛用 “モノ持ちがいい”俳優たち

    dot.

    4/12

  • 福山雅治がクラシックギターを見事習得、映画『マチネの終わりに』のメインテーマ奏でる

    福山雅治がクラシックギターを見事習得、映画『マチネの終わりに』のメインテーマ奏でる

    Billboard JAPAN

    6/18

    福山雅治「お嬢さんを殺してしまいました」 監督に謝罪の珍事?

    福山雅治「お嬢さんを殺してしまいました」 監督に謝罪の珍事?

    AERA

    2/11

  • 福山雅治 天才クラシックギタリスト役に見出した表現者の苦悩

    福山雅治 天才クラシックギタリスト役に見出した表現者の苦悩

    AERA

    10/22

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す