「マラソンと競歩は酷暑避け札幌で」突然のIOC案に広がる波紋

2020東京五輪

2019/10/24 11:30

 まさに青天のへきれきだ。国際オリンピック委員会(IOC)は10月16日、来年の東京五輪のマラソンと競歩のコースを、酷暑回避のため札幌に変更したい意向を発表した。マラソンが開催都市以外で実施されれば五輪史上初。札幌市の秋元克広市長は「大変ありがたいこと」と喜ぶが、東京都の小池百合子知事は「唐突な形で発表された」と不快感もあらわだ。

あわせて読みたい

  • 東京五輪マラソンで救急医療体制が破綻の恐れ? 「パニック起こす」の声

    東京五輪マラソンで救急医療体制が破綻の恐れ? 「パニック起こす」の声

    AERA

    10/30

    東京五輪は酷暑と大渋滞で破綻する?

    東京五輪は酷暑と大渋滞で破綻する?

    週刊朝日

    8/9

  • 小池都知事側近が激白「札幌は橋本五輪相の地元。政治の力が見え隠れする」 マラソン・競歩の札幌移転問題

    小池都知事側近が激白「札幌は橋本五輪相の地元。政治の力が見え隠れする」 マラソン・競歩の札幌移転問題

    週刊朝日

    10/31

    札幌決定で森喜朗氏に敗北…小池都知事の「次の一手」は?

    札幌決定で森喜朗氏に敗北…小池都知事の「次の一手」は?

    週刊朝日

    11/8

  • 炎天下の東京五輪マラソン、史上最も過酷で最大難所は“四谷”

    炎天下の東京五輪マラソン、史上最も過酷で最大難所は“四谷”

    AERA

    7/31

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す