今の時代だからこそ読みたい! ライフネット創業者が書いた『哲学と宗教全史』 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今の時代だからこそ読みたい! ライフネット創業者が書いた『哲学と宗教全史』

このエントリーをはてなブックマークに追加
仲宇佐ゆり週刊朝日
出口治明(でぐち・はるあき)/立命館アジア太平洋大学(APU)学長。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部卒業。日本生命を経てライフネット生命を設立、上場。2018年から現職。『全世界史』『人類5000年史I・II』など著書多数。(撮影/写真部・小山幸佑)

出口治明(でぐち・はるあき)/立命館アジア太平洋大学(APU)学長。1948年、三重県生まれ。京都大学法学部卒業。日本生命を経てライフネット生命を設立、上場。2018年から現職。『全世界史』『人類5000年史I・II』など著書多数。(撮影/写真部・小山幸佑)

哲学と宗教全史

出口 治明

978-4478101872

amazonamazon.co.jp

 図書館で何冊も読むうちにマケドニアから援兵があったことがわかった。では、彼らは大王の居所をどうやって知ったのか? また本で調べると駅伝制度があったことがわかった。

「なぜそうなったのかを自分で考え、腹に落として理解してきた。物語として納得すると忘れないんです」

 高校時代はドストエフスキーなどの文学を読んだ。大学に入学すると同級生は高校のときからマルクス、レーニンを読んでいた。

「読んだことないの?と言われて、くやしいじゃないですか。すぐに生協で買いました。面白くてヘーゲル、カントと時代をさかのぼり、結局プラトンまで読み進みました。わからないときは友だちの下宿に行って議論していましたね」

 当時の蓄積が知識のベースだ。現在も週3冊は読む。最初の5ページでワクワクする本を選ぶそうだ。

「この本がこれからの社会をよくするヒントになれば最高。フランシス・ベーコンの名言通り、知識は力になりますから」

(仲宇佐ゆり)

週刊朝日  2019年10月18日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい