茂木敏充外相の“超忖度トリセツ” 好物、タバコ、室温まで官僚作の「接待マニュアル」入手 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

茂木敏充外相の“超忖度トリセツ” 好物、タバコ、室温まで官僚作の「接待マニュアル」入手

このエントリーをはてなブックマークに追加
忖度問題取材班週刊朝日
TPP発効記念式典で乾杯する安倍晋三首相(左)と茂木経済再生相(当時)=1月、首相官邸 (c)朝日新聞社

TPP発効記念式典で乾杯する安倍晋三首相(左)と茂木経済再生相(当時)=1月、首相官邸 (c)朝日新聞社

茂木外務大臣の“トリセツ”の主な項目1/3 (内部資料をもとに編集部作成 週刊朝日2019年10月18日号より)

茂木外務大臣の“トリセツ”の主な項目1/3 (内部資料をもとに編集部作成 週刊朝日2019年10月18日号より)

茂木外務大臣の“トリセツ”の主な項目2/3 (内部資料をもとに編集部作成 週刊朝日2019年10月18日号より)

茂木外務大臣の“トリセツ”の主な項目2/3 (内部資料をもとに編集部作成 週刊朝日2019年10月18日号より)

茂木外務大臣の“トリセツ”の主な項目3/3 (内部資料をもとに編集部作成 週刊朝日2019年10月18日号より)

茂木外務大臣の“トリセツ”の主な項目3/3 (内部資料をもとに編集部作成 週刊朝日2019年10月18日号より)

 米国との貿易交渉や韓国との対立など、日本の外交は厳しい局面にある。そのキーマンが茂木敏充外相。将来の首相候補と目されるが、実は怒りっぽい人だとの評判もある。そんな“要注意人物”の機嫌を損ねないよう、官僚がこと細かなマニュアルをひそかに作成していた。政治家への忖度を象徴するような大臣の“トリセツ”とは。

【画像】独占入手!至れり尽くせり“超忖度トリセツ”がこちら

*  *  *
 臨時国会が10月4日に始まった。安倍晋三首相は所信表明演説で、外交課題について触れた。米国や中国、ロシアなどとの関係強化を訴えつつ、戦後最悪とも言われる日韓関係についてはこう述べた。

「韓国は、重要な隣国であります。国際法に基づき、国と国との約束を遵守することを求めたいと思います」

 元徴用工問題や輸出規制強化、日韓軍事情報包括保護協定の破棄決定など難題が山積み。韓国との交渉に臨むのが9月11日に就任した茂木外相だ。

 この外交のキーマンはどんな人物か。栃木県足利市出身の64歳で、東大経済学部を卒業後、総合商社などを経て米ハーバード大学大学院を修了。大手コンサルタント会社に勤務し、1993年に当時の日本新党から衆院選に出て初当選した。95年に自民党に移り、現在当選9回。学歴や職歴からもわかるように、頭脳明晰(めいせき)で語学力も高いとされる。

 重要な役職も歴任。2002年に外務副大臣に就任し、沖縄・北方相や金融・行革相を経て、12年末からの第2次安倍内閣では経済産業相となった。14年からは自民党選挙対策委員長、16年からは党政務調査会長。17年には第3次安倍第3次改造内閣で経済再生相となり、経済対策や日米貿易交渉などを担当してきた。第4次安倍再改造内閣では外相として、各国外相らとの会談を重ねている。

 安倍首相からの信頼は厚い。18年の党総裁選では所属する竹下派(平成研究会)の参院側は石破茂・元幹事長を支持したが、茂木氏らが衆院側を首相支持でとりまとめたとされる。党関係者はこう持ち上げる。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい