茂木敏充外相の“超忖度トリセツ” 好物、タバコ、室温まで官僚作の「接待マニュアル」入手

2019/10/11 12:00

 米国との貿易交渉や韓国との対立など、日本の外交は厳しい局面にある。そのキーマンが茂木敏充外相。将来の首相候補と目されるが、実は怒りっぽい人だとの評判もある。そんな“要注意人物”の機嫌を損ねないよう、官僚がこと細かなマニュアルをひそかに作成していた。政治家への忖度を象徴するような大臣の“トリセツ”とは。

あわせて読みたい

  • 自民党の新幹事長・茂木敏充氏の“超忖度トリセツ” 枕、タバコ、室温まで官僚作「対応マニュアル」入手

    自民党の新幹事長・茂木敏充氏の“超忖度トリセツ” 枕、タバコ、室温まで官僚作「対応マニュアル」入手

    週刊朝日

    11/2

    二階派は弱体化も再び勢力拡大か 自民圧勝も岸田派に不安材料あり

    二階派は弱体化も再び勢力拡大か 自民圧勝も岸田派に不安材料あり

    週刊朝日

    11/10

  • 最大派閥・安倍派の誕生で岸田、麻生両派は大宏池会構想で対抗か「次は河野‐林連合もある」

    最大派閥・安倍派の誕生で岸田、麻生両派は大宏池会構想で対抗か「次は河野‐林連合もある」

    dot.

    11/13

    無気力な霞ヶ関 “忖度官僚”はこうして生まれる

    無気力な霞ヶ関 “忖度官僚”はこうして生まれる

    AERA

    6/25

  • 内閣改造で遠のく日韓関係改善 安倍首相は取り組む気がない?

    内閣改造で遠のく日韓関係改善 安倍首相は取り組む気がない?

    週刊朝日

    9/18

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す