橋田壽賀子の感度がイマドキすぎ! 令和「渡鬼」はウェブ系 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

橋田壽賀子の感度がイマドキすぎ! 令和「渡鬼」はウェブ系

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ#ドラマ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり3時間スペシャル2019」(TBS系 9月16日20:00~)をウォッチした。

【イラスト】「泉ピン子YouTuberになる」

*  *  *
 1990年に始まった「渡鬼」シリーズ。最近は年1くらいでスペシャル版が放送され、中華料理屋「幸楽」もリニューアルしてすっかりきれいに。

 しかし、今回のスペシャルを紹介する、新聞のラテ欄がとんでもなかった。

「五月(泉ピン子)ユーチューバーになる」

 ちょっと目が滑って、脳に情報が到達しない。脚本・橋田壽賀子先生94歳。石井ふく子プロデューサー93歳。青山タキ役の野村昭子さん92歳。

 ほぼ涅槃(ねはん=ニルヴァーナ)の境地に達しているようなメンバーが集うドラマの最新テーマはユーチューバー。

 もちろん物語の中には、「遺言の準備をしないとね」「老人ホームはダメなのよ」「病院に入ると胃に管入れられちゃう」「自然に平穏に死にたい」などという、壽賀子の心の声がグイグイちりばめられている。

 しかし老いに関する話題と同じくらいの熱量で語られるのだ、スマホ礼賛が。

 近頃何かと若い者たちから「休んでください」と言われ、すっかり意気消沈していた五月が入手したスマホ。これ見よがしにソフトバンクの紙袋を画面中央に置いて、彼女は言う。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい