“高すぎる勉強代”鈴木おさむが6年営業した飲食店閉じる (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“高すぎる勉強代”鈴木おさむが6年営業した飲食店閉じる

連載「1970年生まれの団ジュニたちへ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
鈴木おさむ週刊朝日#鈴木おさむ
鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

鈴木おさむ(すずき・おさむ)/放送作家。1972年生まれ。19歳で放送作家デビュー。映画・ドラマの脚本、エッセイや小説の執筆、ラジオパーソナリティー、舞台の作・演出など多岐にわたり活躍。パパ目線の育児記録「ママにはなれないパパ」(マガジンハウス)が好評発売中

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

 放送作家・鈴木おさむ氏の『週刊朝日』連載、『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は「飲食店の経営」について。

*  *  *
 2012年に飲食店を始めて、7年になる。去年まで「ちゃんこ屋 鈴木ちゃん」という店をやっていました。約6年。先日、ようやく税理士さんと話して、その店の清算がほぼほぼ終わりまして。

 お店は中目黒駅(東京都目黒区)の近くで、3階建て。力士を辞めた人を応援するという思いで、社員も4人ほど雇っていました。家賃は90万円超。毎月、家賃と給料とバイト代で、ランニングコストが結構かかります。

 オープン後、飲食関係の知り合いが見に来てくれて、ざっと計算してくれました。

「ここだと1カ月で700万円稼がないと、黒字になっていかないですよ」

 月700万円はかなりの金額です。オープンは9月。最初の月はいい感じです。そして10月、11月と鍋が合う季節になっていったので、まあまあ好調でした。が、始める前に誰も教えてくれなかったのです。日本人が夏にこんなにも鍋を食べないことを。

 テレビ業界の人って、夏でも鍋を食べたりします。その感覚でいたのですが、見事にカレンダーと気温に左右される。4月のお花見シーズンを過ぎて5月に入ってくると、目標の700万円には遠く及ばず。400万円くらいの時もあり。そうなると、300万円近くのマイナスになっていくのです。売り上げが下がると、社員同士の空気も悪くなってきたりして。あの頃の店は、同じ業界の関係者優先でやってたりもして。それもダメな理由の一つ。

 なんとか堪えようとしていたのですが、6年目でついに閉店を決定。そして、先日、6年間の赤字額が6千万円を超えていたことが判明しました。6千万円!?都内に余裕で家が建つ。何してんだ。

 でも、この6年の間に、この店で学べたことはありました。そして、同じ中目黒に小さな店を出しました。ほぼ「ワンオペ」でいけるような店。そこで決めたのです。たまに来る知り合いより、常連さんを大事にしなきゃいけないなと。そして鍋をウリにはせずに、季節に合わせたメニューを出す居酒屋に。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい