村上春樹も出演 レジェンド集結した“奇跡の一夜” (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

村上春樹も出演 レジェンド集結した“奇跡の一夜”

連載「RADIO PA PA」

このエントリーをはてなブックマークに追加
延江浩週刊朝日#延江浩
延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

村上JAMライブはJFN38局ネットで8月25日(日)、9月1日(日)19時から (c)朝日新聞社

村上JAMライブはJFN38局ネットで8月25日(日)、9月1日(日)19時から (c)朝日新聞社

 文章の先生はジャズだと春樹さん。「リズム、ハーモニー、インプロビゼーション」この3つを大切にしてコンサートを組み立てていった。ライブ中盤に高橋一生さんが「夜のくもざる」などを朗読、最後は春樹さんが訳書『ジャズ・アネクドーツ』を読んだ。

「村上さんの言葉とジャズがこんなに合っているとは。ジャングルみたいに融け合っている」と京大総長の山極寿一さんが呟いた。

 ライブが終わると写真撮影タイム。その光景に、僕は春樹さんがNYで観たブルースのライブを思い出した。

 川上未映子さんは、「『夢みたいだな』と思ったのだけど、『いや、夢みたいだなじゃなくて、人生は夢ともいえるのだから、夢そのものなんだよな』と感じたりして、なんだかいろんなことがふっと『わかる』ような、そんな刹那の連続でした」とメールをくれた。

 ごく内輪の打ち上げで、村治佳織さんがお祝いに「戦場のメリークリスマス」を弾き、奇跡の一夜が静かに更けていった。

週刊朝日  2019年9月6日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

延江浩

延江浩(のぶえ・ひろし)/1958年、東京都生まれ。慶大卒。TFM「村上RADIO」ゼネラルプロデューサー。国文学研究資料館・文化庁共催「ないじぇる芸術共創ラボ」委員。小説現代新人賞、ABU(アジア太平洋放送連合)賞ドキュメンタリー部門グランプリ、日本放送文化大賞グランプリ、ギャラクシー大賞など受賞

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい