ミッツ・マングローブ「あゆに胃もたれしているあなたに朗報」 (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ミッツ・マングローブ「あゆに胃もたれしているあなたに朗報」

連載「アイドルを性せ!」

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミッツ・マングローブ週刊朝日#ミッツ・マングローブ
ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

※写真はイメージです (Getty Images)

※写真はイメージです (Getty Images)

熱視線

ミッツ・マングローブ

978-4023318342

amazonamazon.co.jp

「お浜さん」の誕生によって、10年近く続いた昭和釜と平成釜の睨み合いにも終止符が打たれたと言われています。昭和釜と平成釜の架橋役でもあった安室ちゃんは、その様子をしかと見届け、颯爽と引退していきました。

 そして現在。テレビに出れば「劣化!」と騒がれ、胸の谷間を見せれば「平成か!」と言われるお浜さん。この度出版された自伝的小説も「暴露本だ!」だの「青春返せ!」だのと、とにかく散々な言われ様。しかしそれは間違いなく世間が浜崎あゆみと共に時代を生きたという証でもあります。

 ならばどうして世間は浜崎あゆみに厳しいか。理由は明確です。自分のことを「あゆ」と呼ぶから。この一点に尽きるでしょう。40を過ぎても尚、自らを「あゆ呼び」。そんな女に向かって「あゆー!」と呼びかけるほど優しい世の中ではありません。ならば私といっしょに「お浜さん!」と呼んでみませんか? 彼女の自己陶酔感も過分な下世話さも煩悩まみれなところも、すべて「お浜さん」として観れば喉越しが良くなるはずです。積年の胃もたれも解消されますよ。

週刊朝日  2019年8月16日‐23日合併号

【週刊朝日編集部からのお知らせ】

いつも『アイドルを性(さが)せ!』をご愛読くださり、ありがとうございます。この連載は2016年5月から週刊朝日で始まりましたが、このたび書籍化して、単行本『熱視線』(本体価格1400円)として発売されました。連載の内容を大幅に加筆修正し、ミッツさんご自身が描いているアイドルの似顔絵(AERA dotでは未掲載)も収載しています。装丁にもこだわりました。毒と愛を込めて作った一冊です。ぜひ、紙の本でじっくり味わってお楽しみください!

★Amazonで絶賛発売中!


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

ミッツ・マングローブ

ミッツ・マングローブ/1975年、横浜市生まれ。慶應義塾大学卒業後、英国留学を経て2000年にドラァグクイーンとしてデビュー。現在「スポーツ酒場~語り亭~」「5時に夢中!」などのテレビ番組に出演中。音楽ユニット「星屑スキャット」としても活動する

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい