大泉洋「ノーサイド・ゲーム」のベタ展開 いじめシーンが…!?

連載「てれてれテレビ」

カトリーヌあやこ週刊朝日
イラスト/カトリーヌあやこ
拡大写真

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「ノーサイド・ゲーム」(TBS系 日曜21:00~)をウォッチした。

【画像】カトリーヌあやこ氏がみた相撲部屋のシーンとは…

*  *  *
 9月から日本で開催される「ラグビーワールドカップ」を盛り上げるために、「大泉(洋)動きます」てな感じの、このドラマ。

 自動車メーカーの弱小ラグビーチームのGMとなった君嶋(大泉洋)が、経営戦略のノウハウを生かして、チームを再建していく。

 なんせTBS系日曜9時枠で池井戸潤原作だから、展開はベタ中のベタ。君嶋の息子・博人(歌舞伎役者市川右團次の息子・右近)がラグビーに興味を持つと、小学生たちが口ぐちに言う。

「ラグビーってだせぇよな」

「(ラグビー教室)誰も来ないじゃ~ん」

 倍返しするための、耐えて耐えての序盤だからなのか、各所でラグビー下げセリフの乱れ撃ち。

「俺、サッカーがいい!」

「FC東京は見に行くけど」

「人気もない、チケットも売れないじゃ……」

「おいタックルしてみろよ、よ~わむし、よ~わむし」

 なんだこれ、「まんが日本昔ばなし」か。ラグビーはいじめられてる亀か。サッカーは悪代官か、隣のいじわるじいさんか。

 この状況を打破するために、君嶋が番組後半45分くらいから、長ゼリフを語り出すわけですよ。

「この国からラグビーそのものが消えかかろうとしてるんじゃないか!?」

 て、あれ? 「ワールドカップ」を中継しないTBSが、ラグビー盛り上げドラマ放映してナイスアシストって思ってたのに、なんだかずっと「ラグビー人気ない」て刷り込まれてる?

 そんなラグビー人気アップの切り札は、相撲とボランティアで「家族」になろうよ大作戦。

 タックル技術向上のため、相撲部屋でぶつかり稽古するチームに君嶋も参加。栃ノ心に投げ飛ばされ、ドラマ的にもツカミはOKだ。

 選手たちは地域のボランティアに参加。小さなことからコツコツと頑張っていると、あら不思議。

 スタジアムに人が詰めかける。あれは商店街の皆さん、肩を揉んであげた老人、病院で出会った闘病中の少年に定食屋のおばちゃん。

「ラグビーすげえじゃん」

 サッカーがいいって言ってた小学生も、1時間で心変わり。早っ!

「タレント、社員を含めて全員が家族、ファミリーです」とか語ってたあの興業の社長さんも、まずは相撲から始めてみれば? 日曜9時だったら、世間の風も1時間で手のひら返しするかも。

週刊朝日  2019年8月16‐23日合併号

続きを読む

この記事にコメントをする
カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など。

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック