「踊る大捜査線」で覚悟を…北村総一朗の役者人生の転機 (1/4) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「踊る大捜査線」で覚悟を…北村総一朗の役者人生の転機

このエントリーをはてなブックマークに追加
週刊朝日
北村総一朗(きたむら・そういちろう)/1935年、高知県生まれ。高知大学農学部卒業後、文学座を経て劇団雲、劇団昴に所属。チェーホフやゴーリキーらの古典的な演劇作品のほか、数多くのテレビドラマ、映画に出演。2020年、21年と、演出作品が予定されている (撮影/写真部・小山幸佑)

北村総一朗(きたむら・そういちろう)/1935年、高知県生まれ。高知大学農学部卒業後、文学座を経て劇団雲、劇団昴に所属。チェーホフやゴーリキーらの古典的な演劇作品のほか、数多くのテレビドラマ、映画に出演。2020年、21年と、演出作品が予定されている (撮影/写真部・小山幸佑)

北村総一朗さん (撮影/写真部・小山幸佑)

北村総一朗さん (撮影/写真部・小山幸佑)

 あのとき、別の選択をしていたら……。著名人が人生の岐路を振り返る「もう一つの自分史」。今回は、俳優として舞台にテレビに映画にと活躍を続けてきた、北村総一朗さん。数々の作品に参加してきた名バイプレーヤーが、次に情熱を傾けているのが舞台の演出。「演じること」とは、そして「人生」とは?

【写真】もう一度見たい!一夜限りの復活を果たした“スリーアミーゴス”

*  *  *
 昭和10年生まれですから、今年の秋で84歳になります。もうこの歳(とし)になると、何が人生の岐路だったかなんて、あんまり考えないものですね。

――物心ついたときは、日本は戦時下真っただ中。軍国少年の夢は立派な軍人になることだったという。

 私は高知県生まれで、父親は自動車関係の仕事をしていました。戦前は中国でビジネスをしていたんですが、いち早く状況がよくないと察したんでしょうか、開戦の1年前に帰国した。先見の明があったというのか、それだけは「親父は偉かったなあ」と今でも思ってます。

 その後、高知の市街が空襲に遭って焦土と化し、友達も失いました。今は戦争の記憶もどんどん風化していますよね。経験者の習い性かもしれませんが、戦争の悲惨さ、罪深さを伝える作品を、舞台を通して作っていきたいですね。

 そもそもなぜ芝居を始めたか、というと、高校時代にさかのぼります。高知で暮らしていた僕は、夏休みに友達と東京へ遊びに来ていた。そのとき、たまたま観(み)たのが劇団民藝の「セールスマンの死」という舞台。これが実に面白くてね。

 それまで僕にとっての芝居は、勉強のために観ておかねば、という感覚だった。それが「芝居というのはこんなにも面白くて、人の心を動かすものなのか」と。やってみたい!と思うようになって、この道へ入ったんです。

 高校卒業後、曲折がありましたが、高知大学の農学部に入りました。農学部を選んだのは就職率がよかったから。役者として大成するかどうかもわからないし、いざというときのことも考えたんでしょうね。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい