「もみ消せない…」山田涼介の“変顔”にカトリーヌあやこが思ったこと 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「もみ消せない…」山田涼介の“変顔”にカトリーヌあやこが思ったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「もみ消して冬2019夏~夏でも寒くて死にそうです~」(日本テレビ系 6月29日21:00~)をウォッチした。

【画像】カトリーヌあやこ氏による山田涼介の“変顔”とは…

*  *  *
 家族の不祥事を何かともみ消すハメになる東大卒の警察官・北沢秀作(山田涼介)を、コミカルに描いた連ドラ(2018年1月期)がSP版で帰ってきた。

 父(中村梅雀)は私立中学の学園長(のちに解任)、兄(小澤征悦)は天才外科医、姉(波瑠)は敏腕弁護士というエリート一家。

 ほぼ全編、秀作の全力変顔に身もだえ熱演、そこに「火曜サスペンス劇場」のBGMを「ジャ、ジャ、ジャーン!」と、大安売りで鳴らしまくる。

 笑ってちょうだいって演出なのでサラッと見られるけど、よく考えたらコレ、けっこうブラックな話。

 だって連ドラの終盤、父親の密会写真をもみ消すために、探偵事務所に忍び込んだ秀作は、逮捕→半年間勾留→現在無職。

 でも、すべては父親のため、家族のためだから、って言われれば、そうですかとも思うけど、実は秀作は、生まれた時に病院で取り違えられていたことが発覚。

 ジャ、ジャ、ジャーン! 赤の他人じゃーん! 家族関係ないじゃーん! それでも相変わらず北沢家で暮らし、トラブルもみ消しに奔走する秀作。この状況こそがサスペンス?

 秀作の事件を題材にした本が、大ベストセラーになった父親。第2弾のタイトルは「教育失敗」だ。

 その内容は、「息子は万引き常習犯で、手におえないモンスター」という捏造本。発売前にバレそうな嘘。

 もみ消すためには、嘘を真実にするしかない。父親のため、金髪に染め「モンスター」となって出版イベントに乗り込む秀作。お前は「泣いた赤鬼」か。

 そんな茶番劇で誤魔化しても、やはり嘘はもみ消せない。不都合はもみ消したいけど、もみ消せない。

 そう、例えば先日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)。闇営業問題で謹慎処分を受けたMC・雨上がり決死隊の宮迫博之の出演シーンが、ばっさりカットされていたのだ。

 不自然に横が切られた、相方・蛍原徹のワンショット。引きの絵が出せないから、妙に圧迫感のある寄り映像と分割カットの応酬。

 画面に宮迫は一切いないのに、なぜかひしひしと感じる宮迫の影。不在という存在感が浮き彫りになる。隠そうとすればするほど、目立つ真実。

 秀作が変顔で、身をもって教えてくれる。もみ消せないよ、闇(営業)。

週刊朝日  2019年7月19日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい