“完全優勝”の堀川未来夢を丸山茂樹が絶賛 その理由は? (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“完全優勝”の堀川未来夢を丸山茂樹が絶賛 その理由は?

連載「マルちゃんのぎりぎりフェアウエー」

このエントリーをはてなブックマークに追加
丸山茂樹週刊朝日#丸山茂樹
丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める

未来夢、おめでとう (c)朝日新聞社

未来夢、おめでとう (c)朝日新聞社

 クールでいることが美学みたいな。多くを語らぬことが美学みたいな。そんな風潮がありますけど、僕はなんか違うんじゃないかなという気がします。

 さて、20歳のサニブラウン・ハキーム君がやりましたね。100メートルで9秒97の日本新記録。日本の陸上界もこうやって続々と9秒台を出すようになったんですね。夢が広がりますね。

 フロリダ大学に進んだのもよかったんでしょう。短距離だったら、やっぱりアメリカでしょうね。世界でも有数のコーチが見てくれますよ。いろんな情報を得られてるってのが、彼の陸上人生に大きな影響を与えてると思います。

 9秒97でも全米大学選手権の決勝で3位だったんですから、驚きですよね。トップは9秒86。どんだけレベル高いんですか!

 100メートルを見てて実感するんですけど、やっぱり僕は個人競技が好きですね。誰にも文句言われないじゃないですか。自分自身が速ければ、確実にトップになれる。全部、自分自身の問題ってのが好きです。100メートルがその究極の形なんでしょうね。

週刊朝日  2019年6月28日号


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

丸山茂樹

丸山茂樹(まるやま・しげき)/1969年9月12日、千葉県市川市生まれ。日本ツアー通算10賞。2000年から米ツアーに本格参戦し、3勝。02年に伊澤利光プロとのコンビでEMCゴルフワールドカップを制した。リオ五輪に続き東京五輪でもゴルフ日本代表ヘッドコーチを務める。19年9月、シニアデビューした。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい