大阪で銃奪った逃走犯の正体とは? 厳戒態勢の中でまたも交番襲撃   (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

大阪で銃奪った逃走犯の正体とは? 厳戒態勢の中でまたも交番襲撃  

今西憲之,羽富宏文週刊朝日
交番が襲われた大阪府吹田市千里山霧が丘の「千里山交番」(C)朝日新聞社

交番が襲われた大阪府吹田市千里山霧が丘の「千里山交番」(C)朝日新聞社

大阪府警が発表した逃走した犯人とされる男の映像より(C)朝日新聞社

大阪府警が発表した逃走した犯人とされる男の映像より(C)朝日新聞社

 警察庁によると、5月現在、新型の拳銃入れ計6千個が警視庁、大阪府警、富山県警などに配備されている。2019年度予算案にも3万個相当の4億9500万円を計上していた。

「全ての警察官の拳銃入れが新型に切り替わる端境期に起こってしまった」(前出・警察庁関係者)

 交番や駐在所で警察官が襲われる事件は近年相次いで発生している。

 昨年6月の富山市の交番襲撃事件では、男が警察官を刺殺して拳銃を奪い、近くの小学校付近にいた警備員を射殺。9月には仙台市の交番で当直勤務中の警察官が男に包丁で刺殺されたほか、今年1月には、再び富山市の駐在所で、警察官が拳銃を奪おうとした男に刃物などで襲われて負傷した。

「G20の厳戒態勢下での大阪でえらい事件になってしまった。当初、防犯カメラ映像から、以前、警察にやっかいになったこともある兵庫県出身の人物が容疑者として浮上していたが、事情聴取したところ、シロと判明した。その後、東京都在住の30歳代の男の父親から『息子に似ている』と通報があり、現場近くのホテルからも『宿泊客に似ている』という通報があった。府警はこの男が防犯カメラの人物とほぼ特定し、足取りを追っている」(府警捜査関係者)

 古瀬巡査は今年2月に拝命したばかり。早期の解決と、回復を祈念するばかりだ。

(今西憲之/本誌 羽富宏文)
■追加情報を加筆し、一部の内容を修正しました。
週刊朝日 オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい