辻希美、本田翼、草なぎ剛らが芸能人がYouTubeに参入する理由 SNSで年収1億も  (2/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

辻希美、本田翼、草なぎ剛らが芸能人がYouTubeに参入する理由 SNSで年収1億も 

このエントリーをはてなブックマークに追加
立花茂週刊朝日
YouTube公式チャンネル「辻ちゃんネル」を開設した辻希美(c)朝日新聞社

YouTube公式チャンネル「辻ちゃんネル」を開設した辻希美(c)朝日新聞社

 また、前述のように収入面の魅力も大きく、「かつてグラビアやバラエティー番組で活躍し、現在は結婚してママとなっている某女性タレントは最近テレビではほとんど見かけることはないものの、所属事務所のスタッフの話ではSNSだけで年間8000万円近くの収入を稼いでいるそうです」(前出の三杉氏)とのこと。

 そうした中、今後さらに活況を呈しそうなのがYouTubeだ。

「すでに多くの人気ユーチューバーが若い世代に支持されているという土壌が出来上がっているうえ、来春から導入されると言われている次世代通信規格の『5G』が普及すれば、バッテリーへの負荷や通信コストが大幅に軽減され、スマートフォンを媒介にした動画の視聴がより手軽になりますからね。芸能人にとっても知名度を活かせるという点は他のSNSと同じですし、そうした他のSNSと連動させることも可能で、今後はさらに多くの芸能人がユーチューバーデビューを果たすのではないでしょうか」(同ITライター)

 実際、辻のYouTube公式チャンネル「辻ちゃんネル」はチャンネル開設からわずか2週間ほどで早くも登録者数は15万人に迫る勢い。1本目の投稿は自己紹介のみにかかわらず、120万回の再生回数を記録(5月末日現在)している。

「辻さんはすでにブログやInstagramでも実績がありますしね。『辻ちゃんネル』を見てみると、デザートの作り方やメイク術を公開していますが、元々、家事や育児といった自身の私生活やライフスタイル、ファッションなどを売り物にする“ママタレント”とYouTubeの親和性は高い。『5G』の導入などで動画を取り巻く環境がより整いつつある中、ママタレントのユーチューバー化は進んでいくのではないでしょうか」(前出の三杉氏)

 芸能人がテレビよりもスマホやパソコンの画面を主戦場に活躍する日も近い!?(立花茂)


※週刊朝日オンライン限定記事


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい