岡田准一の「白い巨塔」は尺不足? 見せ場の「総回診」もサラッと終了 (1/2) 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

岡田准一の「白い巨塔」は尺不足? 見せ場の「総回診」もサラッと終了

連載「てれてれテレビ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
カトリーヌあやこ週刊朝日#カトリーヌあやこ
カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

カトリーヌあやこ/漫画家&TVウォッチャー。「週刊ザテレビジョン」でイラストコラム「すちゃらかTV!」を連載中。著書にフィギュアスケートルポ漫画「フィギュアおばかさん」(新書館)など

イラスト/カトリーヌあやこ

イラスト/カトリーヌあやこ

 漫画家&TVウォッチャーのカトリーヌあやこ氏が、「『白い巨塔』テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスペシャル」(5月22~26日21:00~)をウォッチした。

【こんな「総回診」は嫌だ…?カトリーヌあやこ氏による『白い巨塔』の画像がこちら】

*  *  *
 テレビ朝日開局60周年記念で5夜連続放送されたドラマスペシャル「白い巨塔」。主人公は、ご存知外科医・財前五郎だ。昭和版は田宮二郎、平成版は唐沢寿明が有名だけど、令和初の財前役は岡田准一。

 新機軸で、「金もいらなきゃ女もいらぬ、あたしゃも少し背が欲しい」玉川カルテットな財前になるのかと思いきや、やっぱり金欲女欲あふれる男なのだった。

 でもね、田宮財前は全31話、唐沢財前が全21話なのに比べ、今回はたったの5話(1話自体は約90~130分と長いけど)。なんかもう早いんだ、話の運びが。

 教授選挙でゴタゴタして、やっと教授の座に就いたと思えば、医療ミスで遺族と裁判、敗訴、ガン発覚、死亡! さよなら財前、あっと言う間の全5話よ。

 財前と言えば、権力への執着を隠さず、野心ギラギラでのし上がろうとする男。なのに岡田財前のドヤ顔期間の短さったら。

「水戸黄門」の「控えおろう」くらい見せ場である、病院内大名行列的「財前教授の総回診です」シーンも、サラッと終了。

 だって岡田准一つったら、出身地の大阪府枚方市にある遊園地「ひらかたパーク」のイメージキャラ「超ひらパー兄さん」でしょ。


トップにもどる 週刊朝日記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい